<< フラレるキングベル、そして遠のくJ1 昨日のつづき >>

Dungeon Master's Guide Ⅱ

d0025070_1353733.jpg

海外サイトより通販で取り寄せてみたのですが・・・
結論から言うと、良書です。
DMの観点から見て、役に立ちそうな部分は、
ざっと見ただけでこれくらいありました。

・セッション中、プレイヤーを楽しませる様々な小技の紹介。
・狡猾な罠の紹介、氷の橋やちまっこい地下道など、厳しい地形での戦闘ルール。
・「スラム」「墓場」「魔法ギルド」「青竜の領域」など、
 ピンポイントな状況に応じたエンカウント表の追加。
・商店経営ルール。
・サンプル都市Saltmarshの紹介。PCのホームタウンとして最適!
 (ここの一章だけで十分サプリメントに足る情報量)
・堕落した元パラディン、高位の僧侶、格闘家、部族シャーマン、アンデッド使い
 など、ストーリー中に登場するに魅力的なNPCのデータ。
・独自上級クラスの設定創造法。

・・・などなど。
まあ、他のファンタジーRPGにも使えそうなところはありますので、
D&D3.5が好きな人以外も拾い読みすると、
けっこうマスタリングのヒントが詰まっていると思います。
特にシティー系のルールが充実していました。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-08-20 01:36 | TRPG
<< フラレるキングベル、そして遠のくJ1 昨日のつづき >>