<< ちょっとかっこいいフレーズ マッコイ的蹴球休日 >>

惑星クレタサス・レポート(4)

忘れた頃にやってくる、翻訳中の「恐竜惑星Broncosaurus Rex」の覚書です。
前回は遥か昔、8/25にアップしていました...( = =) トオイメ
さて今回は、種族のお話です。

といっても、「恐竜惑星Broncosaurus Rex」に出てくる種族は、
開拓者である人間のみ。(※サプリメントでは恐竜人も可能だそうです)
なおD&Dとちがって、人間の特徴である初期技能ポイント+4とか、
初期特技1個追加はありません。
人間は出身地により、「コンフェデ」「ユニオン」「自由航民団」「外世界人」
に分かれ、性格や特殊能力がそれぞれ違っています。
それぞれの歴史的背景は前回アップしたとおりですが、
一般的な「人となり」についてはこうなります。

【コンフェデ】
 コンフェデの人間は頑固で大胆不敵、そして農村の生活に慣れた自給自足の人々である。彼らは自然と動物に触れ合う暮らしに快適さを覚える。子供のうちから遠く離れた星系で小規模ながらも独立した開拓植民地を営み、頼るべき者は自分以外いないことを学んでいく。
【ユニオン】
 惑星連邦の市民はコスモポリタンであり、宇宙のどこかにある大都市で何らかの教育を受けている。大量生産、重商主義、科学礼賛といった環境の中で成育するのである。民主政治と平等主義こそ価値あるものと見なし、それらが飛躍した技術をもたらすと固く信じている。
【自由航民団】
 自由航民団――しばしば彼らは自分達のことを“フリーメン(Freemen)”と称する――とは、一種の遊牧民であり、ある星へ到着したと同時に出発の準備を整えている人達である。21世紀に地球上から追放されて以来、彼らは母星というものを持たない。その代償として終わりのない放浪を続けている。その結果、自由航民団の人間は、その大多数が旅の商人として生計を立てている。
【外世界人】
 外世界人である条件は、銀河の遠く離れた星々に居住していた人間であるということだ。そこは辺境星域(The Outer Reaches)と呼ばれており、既知銀河系の外縁部にあって非文明化状態の惑星に未探査の衛星が並ぶところである。数多くのケースでは、外世界人はどの勢力にも特に所属していない独立開拓民である場合が多い。その他には、コンフェデやユニオンや自由航民団からの追放者――そして忘れ去られた――のケースもある。彼らは険しい人生を一人で歩み、そしてそれを望んだハードな者達である。

ルール的には、ざっとこんな感じ。

【コンフェデ】
☆1レベルの時点で追加特技を1つ修得する。コンフェデの土地柄は独立心に富み、向こう見ずな英雄を生み出しやすい気風がある。
☆武器習熟:コンフェデの人間はボーナス特技として≪古代武器習熟≫を習得する。
☆高技術武器の入手は難しい。
☆1レベルの時点で先祖伝来の武器を保有している。その種類は任意でよい。
☆<動物使い>、<騎乗>判定に+1の出身地ボーナス:これらは自然に満ちた環境のおかげである。
☆自動修得言語:共通語、何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:ソルジャー。全てのコンフェデの人間は幼少より戦闘訓練を教え込まれている。軍に入隊することは、自分の名声を高める名誉ある機会だと考えている。
【ユニオン】
☆+1【知力】:ユニオンの教育施設は最先端技術を市民に教えている。
☆武器習熟:ユニオンの市民はボーナス特技として≪弾丸射出武器習熟≫を習得する。
☆高技術武器の入手は容易である。
☆1レベルの時点で4点の追加技能ポイントを得る。これはユニオンの確立された厳正なる教育システムによるものである。
☆<技術装置使用>判定に+2の出身地ボーナス。
☆ソルジャーとメカニストにおいて、ユニオンを出身地とする者だけが<機甲兵器>の技能をクラス技能として修得できる。
☆自動修得言語:共通語。
☆適正クラス:メカニスト。
【自由航民団(フリーメン)】
☆+1【敏捷力】:フリーメンは都市型宇宙船内で最低2年の兵役に応じねばならず、その後も予備役として生活する。これはその時の軍事訓練で培った身体能力である。
☆<鑑定>、<知識:星域>判定に+2の出身地ボーナス。彼らは旅の商人である。
☆高技術武器の入手は時と場合による。
☆自動修得言語:共通語、アングロ語、何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:ツーフィスター。自由航民団には“安全な港”というものはなく、常にリスクと隣り合わせである。多くの艦隊では兵士育成のための専門訓練に力を入れていないものの、徴兵制度によりほぼ全住民が軍事訓練を経験したことがあり、常に予備役として有事に備えている。普通のフリーメンであれば、いつでも戦闘に対して心の準備はできているのだ。
【外世界人(オフワールダー】
☆+1【筋力】、+1【耐久力】:これらは辺境星域の苛酷な環境と野蛮な生活の引き換えとして得たものである。
☆-1【魅力】:これは内向的でシャイな性格のためである。
☆-1【知力】:これは辺境星域でまともな教育機会がなかったためである。
☆高技術武器の入手は非常に難しい。
☆<生存>判定に+2の出身地ボーナス。
☆自動修得言語:共通語または何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:なし。外世界人は小集団の中で他人と触れ合うことなく暮らすため、天職に巡り会って人生設計を立てる必然性が薄い。

あう!また長々とした文章になってしまいました。今回はここまで。
マッコイは・・・ユニオン人がいいかなあ。
彼らだけが操縦できる機甲兵器・・・(*´Д`)ハァハァ・・・

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-14 23:29 | TRPG
<< ちょっとかっこいいフレーズ マッコイ的蹴球休日 >>