<< さすが郵政公社クオリティ 今季最終戦デス!(^v^)ノ >>

サイオニクスハンドブック3.5

d0025070_22551260.jpg


先日、昼間のサッカー観戦から、夕晩のTGRの皆さん達との会食まで、
時間的余裕があったので、神保町の書泉で買ってきちゃいました。
表紙がちょっとグロくてイヤイヤーン。
鉄板で隠された後ろに、ギローンと光る眼と、の、脳が・・・!

ネットなどで既に情報収集されている人もいるかもしれませんが、
サイオニクスとは、つまり超能力です。
いままでのアーケインやディバインではなく、
完全に独立した魔法体系と考えた方がよいみたいです。
ルール的には、毎日一定量のパワーポイントをもらって、
それを消費してパワーを発現する(=呪文を発動するのと同じ扱い)んですね。
だから呪文の一日使用制限回数なし。ポイントある限り何回でも出せます。
よーするに、アレだ。ドラクエの魔法(MP制)みたいな感じです。
まだ詳しくは読み込んでないけど。

“要するに、「サイオンはウィザードやソーサラーに比べると弱っちいからなあ」なんて考えは、さっさとディスペルしてしまいましょう・・・”

とか何とか言って、
著者のブルース・コーデルさんはルール改訂できて鼻高々のようです。
ネタとしては、上級クラスに「パイロキネティスト(炎を使う念動力者)」
というのがあるのですが(ウィッチハンターロビンだ!)
転職する必要条件のうちの一つに

特殊:単にそれが燃えるのを見るというだけの理由で、大きさは問わないが何らかの構造物1つに放火せねばならない。

というのがあります。放火って・・・ちょwwwおまwwww(;´Д`)
どうやら今年の冬は(いろんな意味で)熱いプレイが行われそうです。
だけどこれでd20Modern(d20現代物)への道筋が開けましたし
興味のある人は購入してみるのもいいんじゃないでしょうか。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-12-05 23:24 | TRPG
<< さすが郵政公社クオリティ 今季最終戦デス!(^v^)ノ >>