<< さんさん録 J2は厳しいんだぞ緑くん。 >>

闇のアトリエ

今日は、秘密集会のようにフォート・マッコイでこっそり続けられている
『クトゥルフと帝國』キャンペーンの第3回目でしたの。でしたの。

直前にメンバーが1名来れなくなったので、また体制がマンツーマンに!
わーお!というわけで、用意していたプロットは急遽破棄。
「何でもいいからとにかくツッコメー!!ヽ(`д´;)/」
と代原を待ってバタバタしているマンガ編集者のように、
1対1を想定した新しいシナリオを作成して、時間のないまま臨むことになりました。
探索の舞台はこちら↓
d0025070_21351334.jpg

今回は、極限までにせせこましい冒険をしてみたいな、と。
というわけで、真っ暗闇の密室に裸で軟禁された探索者。
姿の見えぬ怪物の攻撃に怯えながら、1つ1つアイテムを手探りで集めていき、
何らかの方策を練って、恐怖の吸血アトリエから脱出をめざすという・・・
そういう実験的シナリオになりました。

で、やってみると・・・。
おお、マンツーマンだからこそ生まれる、圧倒的な閉塞感。
途中はゼスチャーゲームをやっているみたいで、
3時間くらいで、2人とも頭がクタクタになりました。あははは。
機転が回る熟練したプレイヤーでないと、無理だねこのシナリオ。
プレイヤーのkioskさんに助けられ、それなりにオチがつき、無事終了できました。
ですがキーパーとしては、恐怖の描写力とシステムの練りこみがまだまだ不十分である。
十分に反省。もうちょっとがんばりましょう。うむ!(`・ω・´)

今回のゲスト出演、歴史的有名人はこの方です。

え? 史実では、まだ彼は東京にいないって?
あうぅ・・・「なんちゃって大正時代」なので、カンベンしてください・・・(泣)

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-03-12 21:49 | TRPG
<< さんさん録 J2は厳しいんだぞ緑くん。 >>