<< WBCでひとりネガっています 闇のアトリエ >>

さんさん録

(えー、すいません、先に言っときますが、ちょっとハイになって浮かれています)

キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━
こうの史代の新刊 キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

d0025070_0161876.jpgマッコイが待ちに待っていた、
漫画アクションに連載中の
「さんさん録」の単行本を
ようやくゲットしました。
リード文はこんなカンジ。

妻に先立たれた男、参平に遺された一冊の分厚いノート。それは妻、おつうが記した生活レシピ満載の『奥田家の記録』だった。主夫として第二の人生をスタートさせたさんさんの未来は、ほろ苦くも面白い。

なるほど、「参平さん」だから
「参さん」→「さんさん」なわけね。
タイトルの由来を初めて知ったよ。

何つったって表紙から技アリですよ。
装丁の名和田耕平氏、凝りに凝ってますよ。
波打つ岸壁に立つ、さんさんと乃菜ちゃんの
すっとぼけた表情に、
ぶふっ!本屋のマンガ売り場で
爆笑しかけてしまいました。
もうまるっきり変なオヤジです。スイマセン(^ー^)


で、中身も・・・スゲエス( ゚Д゚)
こうの史代クォリティが炸裂です
いいなあ、俺も60過ぎになったら、
主人公のさんさんのように、
飄々とした爺様になれたら、
人生最高だろうね。憧れるよ、この性格。

連載では、これから、かっこいいヒロインの仙川さんと、
まさにボール1個ストライクゾーンに出し入れするくらいの
美妙な(←誤字にあらず)男女の駆け引きがあるのですが

まあ、それは2巻になってからのお楽しみだね。うんうん。(^v^)

さて・・・
作者のこうの史代さんには好きな言葉があるらしく、それは、こういう言葉。
『私はいつも真の栄誉をかくし持つ人間を書きたいと思っている』(アンドレ・ジイド)
うむむむ・・・
自分はどうだろう?
いつか、この作者が描いてくれるだけの
『真の栄誉をかくし持つ人間』になれるだろうか?
なりたいなあ。なれたらいいなあ・・・。

などと、充実した読後感にひたりつつ、カバーをめくると、そこには・・・!
あはははははっ!!乃菜ちゃん、サイコーだよ。(≧∇≦)b
というわけで、スパイス効かせぎみの素敵な1冊です。
わかる人にはわかる、珠玉のコミック。マッコイのツボが圧されまくりです。

(^v^)ノ
d0025070_0194068.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-03-15 00:19 | Comic
<< WBCでひとりネガっています 闇のアトリエ >>