<< エルゴラッソの三面記事より うちの大家族 >>

DragonQuest

d0025070_22171396.jpg

日本を代表するコンピュータRPGではありません。だからメタルスライムは出てきません。
1980年に発売された、ずうっと昔のアメリカのTRPGです。
SPI社(!)が希望に輝いていた時代の作品ですね。
日本でもTACTICSでMelee+Death Testが付録ゲームでついていたんだけど
あれの・・・元になったRPGだっけ?それとも発展形のRPGだっけ?
もう忘れちゃったーい ┐(´ー`)┌

SPIがTSRに吸収されて、そのとき出たのが第2版。
そのTSRもなくなっちゃって、なんか版権があやふやになったのですが
このたび第3版としてリバイバルされました。言うなればDQ3rdだね。
つっても、D&D3rdに比べたら、メジャーリーグとサンノゼ教育リーグぐらいの差がありますが。
んで、米国から取り寄せてみました。原本は箱組だったはずなんだけどね。
だけど新版は3冊まとめたソフトカバーになっています。

ぱらぱらめくってみると・・・

まだウォーゲームとロールプレイングゲームの境界が混沌としていた時代だから
ガチのヘクスマップ戦闘なのね。こんなページを見ると、歴史を感じるなあ。
トークを楽しむというより、個人対個人の戦闘シミュレーションという感じ。
d0025070_226855.jpg

ぶっちゃけ言うと、システム的には、もう目を向けるべきものはなく、
単に史料的価値しかないルールブックです(あらら・・・)。
でも、ぱらぱらページをめくってみると、RPG草創期の息吹というか、
何というか無視できないエネルギーが感じられる。
「RPGっていう、新しくておもしろいゲームがあるんだ、みんな、買ってくれよー!」
というデザイナーの叫びが聞こえてくるというか。

(そんな幻聴が聞こえたら、キミもコレクターの仲間入りだ!)

まあ、こういうのも、なんかいいですよね。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-04-19 22:15 | TRPG
<< エルゴラッソの三面記事より うちの大家族 >>