<< 本日はvsみかん星人戦!! 尻啖え孫市 >>

リプレイ本の効用とは?

最近、リプレイ本の出版が多いよね。
今日も書店に行ったら富士見書房から3冊新刊が出ていました。
「アリアンロッド」2冊と、「ソードワールド」1冊。
そういえばソードワールドは最初のリプレイシリーズも復刊されてたなあ。

マッコイ、つらづら考えてみるに、リプレイ本の効用とは何か?

ユーザーにとって見れば・・・

(1)実際のプレイ振りを通して、ルールや雰囲気をわかりやすく知ることができる。
(2)巻末のデータセクションを参照して、マスタリングの参考にできる。


こんなところか。逆に、メーカーにとって見れば・・・

(1)購買数を見て、次のルールブックの版数を決めることができる。
(2)リプレイからスピンオフしたライトノベルを立ち上げることができる。


うむ。こういうところかね。

いやいや、研究報告によれば、もう少し裏があり申すぞ・・・
(↑と、葵徳川三代の中村梅雀のように、ブラック・マッコイ参上)

実はこのリプレイ本とやら、メーカーにとって見れば

(ウラ理由)ルール作る順番がなかなか回ってこないゲームデザイナーに、とりあえずの仕事を与えられる。

ユーザーにとって見れば

(ウラ理由)サービスシーンのイラストで青少年の萌えたぎる情熱を発散できる。

との効用もあるでござる!(^v^)

と、うがった見方もできてしまいそうな、この前買ったデモンパラサイトのリプレイ本。
家に帰ってよく見たら、表紙が嫌な感じでキズ物なのよ。そうね、推測するなら・・・
蛋白質の付着物をそのまま放置して乾いたところを無理やり剥がした、かの、ような・・・
d0025070_23534095.jpg

ま、まさか本屋で・・・!!((( ;゚Д゚)))
[PR]
by mccoy1234 | 2006-11-17 23:59 | TRPG
<< 本日はvsみかん星人戦!! 尻啖え孫市 >>