<< オジサマたちのJ2 三重式モールス信号暗記法、とい... >>

今度のRuneboundは砂漠だよ!

というわけで、海の向こうのFantasy Flight Games(FFG)社が
RuneboundのエクスパンションSands of Al-Kalimを発売しました。
d0025070_23102426.jpg

前回のIsle of Dreadは海でしたが、今度の冒険ステージは・・・砂漠です!!
おー確かにさばくだー暑苦しいー。アラビアンナイト・テイストの追加マップだにー(´・ω・`)
d0025070_23113050.jpg

今回の冒険は、世界の崩壊とか邪竜の復活を防ぐのではなく、
宝探しがメインとなります。それはアル・カリム地方に散らばる伝説
Ninety-Nine Tales of Al-Kalimを集めること。
それは伝説カードというもので、「ジィニーのランプ」とか「盗賊の洞窟」とか
砂漠にまつわる伝説で、クエストを達成して獲得するとめちゃ強いボーナスがあります。
この伝説カードを4枚集めた者が勝者になります。
つまりはアリババになって最強のトレジャーハンターを目指すのですね。
(でもこの伝説カード25枚しかないんだけど・・・残り74つの伝説はどこに・・・)

地形がいろいろ変わりますので、移動ダイスの見方も変わります。
d0025070_23193656.jpg

平地→砂漠 河川→低地 丘陵→断崖 山岳→峡谷 湿地→荒地
道路はそのまま道路として・・・あれれ、森林は・・・蜃気楼(Mirage)???
「昼間なら森林マーク1つにつき1疲労を負う」んだそうです。

さすが砂漠だ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そう、今回、プレイヤーは自分のターンで昼と夜の選択ができます。
任意に選べるので、上の蜃気楼ルールを考えてけば、
じゃあ涼しい夜間がいいじゃんという考え方もあるのだが・・・
遭遇するモンスターはだいたい夜の方が強ぇ。
赤枠の中を見てください。上が夜間時のライフ、下が昼間時のライフです。
d0025070_23272524.jpg

さすがFFGだ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あとは「失われた都市タイル」とか「砂嵐マーカー」とか、
トロピカルな雰囲気満載なスペシャルルールもあります。思わずニヤリとさせられますね。
昨日買ってきたのをぱっと眺めているだけなので、わかるのはこれくらい。
まあ、後はロール&ロールでオフィス新大陸さんが紹介してくれるでしょう。いずれね。

(おまけ)
今回のきれいどころプレイヤー。盗人のターリアちゃん。
1ラウンドにつき1回、防御に成功しただけで敵に1負傷を与えちゃう
カウンター使いだってさ。ちょっとちょっとー!
d0025070_23543893.jpg

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2007-02-05 23:38 | Games
<< オジサマたちのJ2 三重式モールス信号暗記法、とい... >>