2006年 01月 30日 ( 1 )

歩くひと

d0025070_21502823.jpg

まんま直球のタイトルなのですが・・・
あははは・・・
マッコイが贔屓にしている
谷口ジローによる単行本です。
1990-91年にかけてコミックモーニング誌に
連載されていました。相当昔ですね。
その当時、気になってはいたが、
そのまま忘却の彼方に去ってしまった
マイナーな作品なのです。
ですがこのたび、古本屋で
見つけることが出来ました!!
しかも100円で。わーい(喜)




このマンガは不思議なマンガです。
新しい町に引っ越してきた主人公(たぶん普通のサラリーマン?)が
ただ近所を歩き回るだけ。全てのエピソードが、それだけです。
ところが、まあ、各話が不思議と胸に染み入るんですね。
安野光雅の作品で「旅の絵本」ってありましたよね。読後感がそんな感じに似ています。

それはたぶん、現実と非現実の狭間が、
こんな日常のすぐ近くにあることを教えてくれるからでしょう。
そして「ゆっくり普通に生活する」ということが
どれだけ新鮮かつポジティブな体験の繰り返しであり、どれだけ幸せなことであるかを
作者の卓越した筆致で生き生きと描き出しているからなのでしょう。

あとそれから、この作品に出てくる主人公の飼犬「ゆき」が可愛いんだなー。これが。
ふと犬を飼いたくなりますよ~。

変なマンガとして ☆☆☆
散歩したくなるマンガとして ☆☆☆☆

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-01-30 22:01 | Comic