カテゴリ:Bellmare( 38 )

頼むからもっと勉強してクレ

( ゚Д゚)フエ???

平塚市議会議員 松本敏子氏の活動ブログより。

ひどいなーーーこりゃ。こんな人が議員に選出されているのか平塚市は。
これじゃあベルマーレも弱くなるわけだヨ(><)
太字は松本敏子議員の主張していることです。これを読んで、マッコイの感想は以下の通りです。

【06.10.12】ベルマーレの「ヨーロッパ型」クラブハウスを “税金”で市の公園内に建設するのはおかしい

 9月議会に「馬入ふれあい公園、サッカー拠点の整備に関する請願」が出されました。この請願は「馬入ふれあい公園に便益性の高い、ヨーロッパ型クラブハウス、レストハウス等の建設措置を至急講じること。」というものです。「(株)湘南ベルマーレ」は、9月で大神グラウンドの契約が終了し、馬入グラウンドに拠点を移すことになりましたが、馬入グラウンドにはクラブハウスがないため、(株)湘南ベルマーレやサポーターたちから「ふれあい公園内へのクラブハウス建設」の要望が出ていました。

>株)湘南ベルマーレやサポーターたちから

 今回の活動において、湘南ベルマーレの社員がクラブハウス活動を積極的に推進させ、自社の利益のために指揮を執り、世論を誘導したことはありませんでした。賛同者は、署名の総数を集計した結果、10,000余名が集まっています。もちろんベルマーレファンの方もいますでしょうが、この中には平塚市のスポーツ行政のあり方を疑問にされている方も含まれており、純粋にサッカーファンでない方の賛同もありました。
 一部の私企業や圧力団体がエゴを押し通したような書き方はやめてください。

自治体の敷地にプロ・サッカーチームのクラブハウスを建設しているところも確かにあります。そこは建設費を全額自前で出し、建設後にそのクラブハウスを市に寄贈しましたが、その施設は市が使いたいといってもなかなかチーム側との調整が難しく、市の建物ということで維持・管理は任されながら、ほとんど使えない施設になっていて、市の方でも頭を抱えているのが実態です。

>市の方でも頭を抱えているのが実態です。

 これはどこの行政体でしょうか? ケースを類推すると、おそらくジェフのクラブハウスを有する市原市に言及されたのかと思います。では、市原市行政担当者の“誰が”このように“(クラブハウスは厄介な代物で)頭を抱えている”という見解をリリースしたのでしょうか? 千葉市にジェフの本拠地が移転して引きとめを躍起に図っていた、市原市の“誰”が、クラブを裏切るような発言を? 言えませんか? 言えませんよね。なぜなら全くソースのない事例だからです。
 自分の主張を押し通すために事例を捏造することはやめてください。

平塚市においても、プロ・サッカーチームには欠かせない施設であっても、公の場所に市が建設したのに市民には使いづらく、維持管理費だけ持たされる建物になってしまうのではないかと危惧されます。

>維持管理費だけ持たされる建物になってしまうのではないかと危惧されます。

 維持管理費というのは、使用者が支払うのが原則です。ですので、そこをベルマーレが使ったら、保守保全の費用くらいはベルマーレが支払うでしょう。そんなプライドすらない河原乞食のような連中だと言いたいのでしょうか? 「公園内にベルマーレの建物を建てさせてほしい」ということは、「ベルマーレ分の維持管理費を平塚市が支払ってほしい」というのと、必ずしも同一ではありません。私たちはそこまで虫のいいことは言っていません。だから先生の危惧は多分に被害妄想的で、その反対意見は請願内容に対して全く噛みあっていません。
 私達の請願内容を読み込んでから反対意見を述べてください。

市は一企業の建物を公の公園に造るということは都市公園法からしても難しいとしながらも、ベルマーレ側と協議し、馬入ふれあい公園内の管理棟やひらつかアリーナの控え室などを貸すことや、補正予算を組んで駐車場の一部に「多目的棟」を建設し、その一部を貸すことも合意しています。 

>市は一企業の建物を公の公園に造るということは都市公園法からしても難しい

 難しくはありません。むしろ、簡単なことです。要は、都市公園法の解釈の問題であり、Jクラブを公共の地域財産と捉えれば、いくらでも許可が出せ、後はスムーズにことが運びます。先ほどの市原市のように。Jリーグ自体の理念が地域との共生を掲げ、ベルマーレも各種NPO活動で地域密着の優等生のお墨付きを得ております。このような解釈のもと、行政担当者が首を縦に振れば、それで解決するだけの話です(縦に振らないからこんなややこしい事態になってんだ)。
 先生は現職議員ならば、身の回りにある現行法の条文内容をもっと勉強してください。

いま、市民は増税に次ぐ増税で貧困層が増大している中、6月議会でも市のベルマーレへの増資が可決されたばかりです。今回の請願は、クラブハウスを建設する「場所の提供だけ」とはとらえづらく、建設費用まで市の負担ともなれば、今後自治体をホームグラウンドにするプロ・サッカーチームのあり方が問われてきます。

>建設費用まで市の負担ともなれば、今後自治体をホームグラウンドにするプロ・サッカーチームのあり方が問われてきます。

 繰り返しますが、私達の請願内容は「便益性の高い施設の建設措置を至急講じること」であり、「平塚市が建設費を負担しろ」とは言っていません。もちろん、そこに平塚市民の方々との共有スペースがあり、平塚市も空ビルに住み着く浮浪者のような精神でないなら、ベルマーレの好意に甘えないでお金を一部出すべきでしょう。「こんなにJクラブを甘やかすと他の行政体にも悪影響を及ぼす」と主張されているようですが、先生は平塚市議会の議員ですよね? 他の県や行政自治体や日本全体のことまで考えたいのなら、どうぞ国会議員に立候補してください。
 平塚市の議員なのであれば、平塚市のことだけを真剣に考えてください。

大分市にあるプロ・サッカーチーム「大分トリニータ」を視察してきましたが、そこは、球団が独自にサポート企業を開拓しており、大分市は一円も出資していないといっていました。ところが、平塚市はすでに26億円かけて球場を整備し、9千万円近い出資をしており、人口26万弱の自治体として、最大限ベルマーレの活動に協力をしてきました。

>大分市は一円も出資していないといっていました。

 大分はJ1リーグで湘南はJ2リーグです。マスコミ露出度に比例する広告収入やリーグからの分配金など、収入に格段の差があります。また大分は県に1チーム、かつ県庁所在地をホームタウンとして県民一体の支援を得ていますが、湘南は地方都市のクラブで同じ県内で他に3つもライバルチームが存在します。ですのでクラブ運営体制を同列に論じることはできません。そもそも、スポンサー未払金が訴訟沙汰にまで発展し、赤字が累積して年間運営費にもがき苦しんでいる大分トリニータの行政体支援を成功例として持ち出す先生の常識を疑います。先生が視察して参考にすべきなのは、湘南と同じ人口キャパシティを持ち、運営予算も類似する状況にあるJ2リーグクラブでなければなりません(というか、大分までサッカー見に行った費用は、まさか市の公金じゃないですよね?)。
 それに平塚市が、先生の言う“増税に次ぐ増税”で“貧困層が増大”してしまったのは、どうしてなんでしょう? それは先生方、市の舵取りを担う方々の施策が拙かったからであり、そこに一企業のベルマーレは無関係です。先生の施策内容のホームページを拝見すると、イノシシの檻を作ることには市の予算を使ってもいいけど、プロスポーツクラブを支援することには、もうこれ以上市の予算を使ってはいけないとおっしゃっている。ではイノシシの檻と、湘南ベルマーレの支援、将来の平塚市民にとって地域活性化の可能性を秘めているのはどっちですか? 高校生くらいの頭があればすぐ考えられることです。先生の、そのよくわからない優先順位混同の場当たり的な垂れ流しが、今の平塚市の窮状を作ったのではないですか?
 自らの失政や能力のなさを、無関係のベルマーレに転嫁することはやめてください。

これ以上、市に法の解釈を変えてまで公園内に一プロ球団のクラブハウスを造ってほしいということは、市民の納得が得られるものではないと考えます。

>市民の納得が得られるものではないと考えます。

 市民の多くが「ベルマーレは虫が良すぎる」と主張しているのですか? だとしたら、私達も活動を見直さざるを得ません。しかし街頭活動で署名していただいた方からは、その大部分から、温かいご声援をいただきました。また行政体の融通の利かなさに驚いておられました。なので数ヶ月粘り強く活動を続け、結果10,000余名の賛同者を得るに至りました。先生が「市民の納得が得られるものではない」世論を感じ、政治家の使命としてその意見をくみ上げ、行動すべしと考えるなら、「都市公園法の解釈ねじ曲げ反対!」の署名活動を組織してみてはいかがですか? そして私たち以上の署名数を集めて提示してください。そうすれば私達は「ああ、平塚市民の皆さんは反対なんだ」とあきらめもつきます。
 先生の個人的な見解を、市民全体の総意として論じるのはやめてください。

球団は、近隣のホームグラウンドである市町、隣接する企業等に広く声をかけ、自ら気兼ねなく、使いやすいクラブハウスの建設を目指し、市の財政に頼らない方向を見いだすことを強く要望し、共産党議員団は、本請願に反対しました。しかし、平塚クラブ・なでしこ21・公明党が賛成し、請願は採択されました。

>共産党議員団  >平塚クラブ・なでしこ21・公明党

 先生個人の活動ブログで、これらが先生の主張であれば、なぜここに賛成・反対の政党構成を唐突に書く必要があるのでしょうか? 共産党議員団は弱者の味方で、平塚クラブ・なでしこ21・公明党は市の予算をムダ使いして財政破綻を招いているA級戦犯です、と言いたげですね。私達の活動は、全て純粋に「ベルマーレのこれから」を考えての活動であって、そこに政治は関係ありませんでした。ただ、民意を汲み取ってもらうのが政治家の仕事であれば、市議会の議員が多数決で請願を採択するのは、地方行政や民主主義のあるべき姿だと思います。全うな手段で、また全うな経過によって採択された住民の請願文書について、共産党議員団は異議あり、と言いたいのでしょうか? 失礼ながらこの一文は、政治的な薄汚い打算を伴う宣伝文の印象を与えています。
 政治の党利党略にスポーツ文化を利用しないでください。

市民への負担が重くなる中、ホームグラウンドとは何か、プロ球団とはどうあるべきかみんなで考える時が来ているのではないでしょうか。

>ホームグラウンドとは何か、プロ球団とはどうあるべきかみんなで考える時が来ているのではないでしょうか。

 やっと同意見ですね!(^v^)ノ
 私は横浜市民なので、こんな主張を誰でも見られるインターネット上で堂々と公言する先生のような議員が、自分の行政自治体にいない幸運に、心から安堵しています。だけど平塚市の人は大変ですねえ・・・(ため息)
 先生が言うように、プロ球団がどうあるべきか、ベルマーレが湘南地域に存在することにより、どのようなことができ、どのような問題が現状としてあるのか、もっとみんなで考えるときが来ているのかもしれません。
 少なくとも新しい時代の流れに対して思考がフリーズしたり、世論を捏造したり、物事の優先順位を間違えたり、政治にスポーツを利用しようとする人が、自らの能力に不相応なポジションへ就かないようにするために。
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-23 00:57 | Bellmare

つ い に 20 敗 目 か 。

浅羽莢子さんご逝去に伴う5日間の俺的服喪期間が明けました。
今日からブログ再開です。(^v^)ノ
さて、その間にも我らが湘南ベルマーレ
バターン死の行進みたいな試合をやっているわけで。

今日は味スタにて東京ヴェルディ戦。
サラリーマンのマッコイは平日なので調布まで駆けつけられず、
当然19:00以降はそわそわして仕事にならないから、
残業を早めにクリアして、21:00過ぎに家に戻るのが関の山でござる。

駅から競歩みたいに帰って、玄関抜けたら、すぐパソ立ち上げて・・・
J’s GOALの試合速報を・・・早く、早く・・・

(スキャンディスク中)

はう、あう・・・出た!( ´∀`) け、ど ・・・ (゚Д゚ )

東京V 3-1 湘南

OTL

10/21(土)の試合前にサポーターミーティングが開かれるそうですが、
マッコイはこの日、休日出勤で行けない。
今こそ応援してあげなきゃいかんのに、それができない。
まったくもって「本を売るならフxック・オフ♪」といった日常だ。(←意味不明)

ううむ、もどかしいのぉ・・・(><)
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-18 22:28 | Bellmare

昨日の平塚は・・・

すんげーいい天気っ!v(^v^)v
d0025070_22374678.jpg

こんな秋晴れの中、サッカーを楽しめたマッコイは幸せ者である。
10月8日(日)天皇杯3回戦、対関西大学戦です。
先日もこのblogに書いたとおり、アマチュアの格下ながら、けっこう難敵です。

前半に先取点取られたときは、もうどうなるかと・・・
よもや女子マネのいるチームに、負けてしまうのかと・・・
10月唯一のベルマーレ観戦日が、祭りになってしまうのかと・・・


でも、マッコイがハーフタイムに、選手出入口の前に掲げ続けた
「走れない子はパラグアイにつれてっちゃうぞ!!」
サインボードが効いたのか、後半はプロとしての面目を見せて
最後は4-1で勝ちましたけどね。アジエルの個人技で。あ~じ~♪(つ´∀`)つ
今回はバックスタンド閉鎖、メインスタンドのみ開放ということで、
いつもは7ゲートにいるサポーターの皆さんもメインにいらしてました。
d0025070_23124032.jpg

「応援して、チームを、勝たせる」というのを間近に見て、
サッカー観戦の楽しみを、またひとつ発見したマッコイでした。
そして勝利後のあいさつで、ついつい笑ってしまった。

にしむら つうやく と かるろす こーち は へんなおどり を おどった!!

カップトーナメントだもん、今は内容はともかく、勝てばいいの、勝てば。
勝利の楽しさにどんどん味を占めて、とにかく自信をつけてくれ。元日に待ってるぜ!

さてここから、ちとマジな話。今回の天皇杯3回戦ですが、
各J2ホームでの観客動員の結果を上から順に並べてみました。


1位 仙台 6,007人 vsロッソ熊本
2位 (神戸) 3,551人 vsYKK AP (アウェーで富山開催)
3位 東京V 3,023人 vs栃木SC
4位 柏 2,752人 vs法政大
5位 草津 2,650人 vs岐阜FC
6位 札幌 2,353人 vs新日鐵大分
7位 横浜FC 2,011人 vsバンディオンセ神戸
8位 山形 1,804人 vs三菱水島FC
9位 鳥栖 1,679人 vs立命館大
10位 愛媛 1,504人 vsびわこ成蹊スポーツ大
11位 湘南 1,167人 vs関西大
12位 水戸 1,016人 vs静岡FC
13位 徳島 831人 vs宮崎産経大

ベルマーレは13チーム中11位か・・・うーむ・・・
もちろんロッソ熊本、栃木SC、岐阜FCなどは、アウェーながらも
「おらがチームの」大応援団が駆けつけていて、一概には言えないけど・・・

これってなんとなく、ホームタウンにおける地域への溶け込み具合、つまりは
サッカークラブの人気度や認知度、支持度、愛着度もろもろのランキングを
そのまま表しているような気もする。
「どんなにつまらない大会でも、愛するクラブが試合するなら、俺は必ず駆けつけるぜ」
というサッカーフリークの数、とでもいうか・・・


昨日の平塚も、ベルマーレの試合より、湘南ひらつか囲碁まつりの方がメインだったもんなあ。
なんか寂しいなあ。せめてベルマーレも半分より上、6位以上くらいになってほしいね。ゆくゆくは。
って、10月の試合日程が見事に仕事と重なり、これ以上スタジアムに行けない
マッコイが言うのも恥ずかしいことなのですが。あーぅ!(><)

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-09 23:11 | Bellmare

VIVA☆パラグアイ

(゚Д゚;)

「日系ベルマーレ」設立のお知らせ(ベルマーレ大本営発表)

驚いた。相変わらず唐突にネタを投下してくれるなこのクラブ。だからファンなのよ。
いや、詳細はマッコイよくわからないけど、若手強化と助っ人発掘の一環として、有意義なことなんでしょう。
南米の片隅に住む日系人の方々の希望の星となれれば、私達のベルマーレもシアワセなことですね。
クラブロゴもなかなか、かっくいーでねえの!(゚∀゚ )
そしてマッコイも、さっそくこのネタを借りて、
明日の試合用のサインボードを作ってみるのだった。
読め!特に後半の中町!(出場するかどうかわからんけど)
d0025070_0115866.jpg

右下のゴーストはハロウィーンということでひとつ・・・

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-07 23:20 | Bellmare

10月のマッコイはいそがすぃ

だから、J開催日の土曜が運悪く勤務日に当たることが多いのですよね。
平塚には、10/14(土)の徳島戦も、10/21(土)の横浜FC戦も行けない・・・。
この前の9/30の水戸戦勝利もお仕事でしたので、
つまりマッコイは、ベルマーレについて、8/12の生ラモス見た日以来

2 ヶ 月 近 く 勝 ち 試 合 を 目 撃 し て い な い 。

(;´Д`)マジカヨー

うーはー!なんだそれー!

あっ。この日は大丈夫!!何とかもぎりとったお休みで、
10/8(日)の天皇杯、関西大学戦が10月唯一の参戦日です。
そんな貴重な今週末のサッカー観戦なのですが、お相手はなんと学生さん。
どんなチームなのかイメージしづらかったので、ちょっとネット上で偵察してきました。

こちらです。

関西学生サッカー春季リーグ2位 か・・・
今シーズンの戦績、1つしか負けていないの か・・・
JFL強豪の佐川急便大阪SCを倒して天皇杯出場 か・・・

けけけ、けっこう強いんでないの。このチーム。Σ(´Д`lll)

特に佐川大阪を負かして、2回戦ではFC琉球も倒してるのはスゲエス。
JFLのアマチュアチームに比するだけの力は十分あると思うぞ。
油断は禁物。オイラもリキいれてメインスタンドで応援だぁ。
よーしパパ、久しぶりに声出しちゃうぞー!

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-03 21:45 | Bellmare

秋の平塚だより

というわけでトンボの群れが舞う中、平塚に行ってきましたっ!!(^v^)
ノドカな秋の日です。風が涼しくて、心地よいですねえ。
d0025070_21362994.jpg

キングベルⅠ世陛下もご健康そうで何より。
ダンデライオンというバンドの曲に乗ってノリノリ(死語)です。
d0025070_2136401.jpg

最初は曇っていましたが、すてきな青空になりました。
空が高いねえ。いいねえ羊雲は。
d0025070_21365091.jpg

というわけで、秋の休日を堪能したマッコイでした!!(^v^)ノ

・・・

・・・

・・・

え?ベルマーレの試合??コンサドーレ札幌戦???いやあ覚えていないなあ・・・????

な に そ れ (←リンク先参照)
d0025070_2137929.jpg


。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
[PR]
by mccoy1234 | 2006-09-23 21:44 | Bellmare

ほめて育てろベルマーレ

昨日の続き。
たぶん・・・まったくピント外れなので・・・サッカーを知り尽くしている方はスルーしていただいて結構です。

ええっと、「ほめて育てる」ということですね。

まず『湘南ベルマーレ』というクラブの成長過程を、1人の人間に例えてみよう。
いささか無理な部分もあるが、会社も「法人」といって人扱いされる時代だから、
まあそんな考え方もありでしょう。

実業団フジタ時代の輝かしい“前世”はともかく、
Jリーグクラブとして準加盟承認されたのが1992年。
いちおうこれが誕生の年。すると今、2006年だから、14歳だ。
うーん、いっちゃん難しい年代だね!
第二次反抗期が始まり、親とも口を聞かなくなって、
いろんな友達づきあいに悩み、勉強のプレッシャーを抱え込む頃だ。
ここから18歳くらいまでが微妙なお年頃になります。

では、多感な年頃のベルマーレ君、どんな少年なんだろう?

正直、勉強(=サッカー)の実力では、
隣の団地に住んでいて名門私立中学校に通っているマリノス君にかなわない。
さらにさらに、小学校時代は仲良く遊んでいた横浜FC君もまた、
最近は有名学習塾(=大口スポンサーの援助)に通ってるらしく、
急に賢くなって話が合わなくなってきて、今や何となーく遊びづらくなってしまった。

親(=メインスタンドの住人)としては、ちょっと焦ってくるねえ。
「この子、このままでいいのかな・・・進路が不安だな・・・」と。

でもベルマーレ君には、他人(=他のJクラブ)にはない長所もある。
まず、外面は善良そう(=ファンと垣根が低そう)だし、
それから、勉強以外の習い事(=ソフトボール、ビーチバレーなど)にも興味があるようで、
コンクールとかで賞を取ってくる才能もあるみたいだ。

こんな14歳の少年が目に浮かびます。

普段はぼーっとして、授業中居眠りなんかしてたりするけど
でもいつも人付き合いが上手いから、ちゃっかり先生に好かれている。
勉強以外にちょっとした得意技を持っていて、文化祭とかで
「あ、俺、ピアノ弾ける」とか「ここのイラスト書いとこうか?」なんて急に言い出して、
見直される芸達者な男の子。クラスに1人はいましたね、こんな人(^v^)

だけど・・・パッと見、ノホホンとしているのですが・・・
幼い頃に両親が離婚(=フジタ撤退)して、危うく保護施設に引き取られる(=解散)
ところだったりとか、彼は彼なりに、いろいろ暗い過去もあります。
ときどきそういう内面が表情に出て(=クラブハウス問題)、ドキリとさせられるところもあります。

さて、では、こんなベルマーレ君を、サポーターはどう育てていけばいいんでしょう。
d0025070_2105041.jpg

                      ↑↑↑ 上と下 ↓↓↓ だったら・・・
d0025070_2103423.jpg

やっぱり、下のほうが、殺伐とした家庭(=スタジアム)にならないから、
ベルマーレ君はすくすく大人物(=ビッグクラブ)に育ってくれると思うんですね。

もちろん、甘やかすだけでなく、どう見ても彼に非がある(=凡ミス、凡プレイ)場合は、
叱る(=ヤジを飛ばす)ことも必要です。ただその場合も、
ただ感情的に人格を否定する言葉は、百害あって一利もありません。
キレない子にするには、キレない親になるしかない。
どんなにグダグダな負けでも、暖かい目でいいところを見つけ、ほめて伸ばす。
これはこれで、ブーイングより難しい応援です。

マッコイは、どんなにヒドイ試合でも、試合終了後は立って拍手してしまいます。
「勝負の厳しさ」を伝えるのと同じくらい、「がんばったことに対する敬意」を伝えることも、
クラブが成長していく過程にとって、必要なことだと思います。

だけど、スタジアム全体がそんなフンイキになると、これまた水戸みたいに
ヌルヌルのズブズブになっちゃうので難しいのですが。

うーん、まったくもって、むちゃくちゃな例えなんスけど。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-09-16 01:35 | Bellmare

メインスタンドも応援している。ただちょっとやり方が違うだけで・・・

d0025070_191670.jpg

昨日(あ、もう、おとといか)マッコイが「カンゼオン弘明寺」というバカなことして遊んでいた頃、
平塚競技場のヴィッセル戦の試合後、悲しいことが起こっていたようですな。

おぉーロンドさん、怒ってる怒ってる。(・A ・)

マッコイは現場に行ってないし、スカパーも入ってないので中継も見てないのですが。
いろんなところからの話を総合すると、だよ。

J2リーグ首位のクラブ相手に90分走り回った後、疲れ果てたところに
見も知らぬ親父からしつこく「死ね!」呼ばわりされちゃあ、
そりゃあ、佐藤悠介もキレルよ。あのとき、マッコイがその近くに居たら
「じゃお前、あそこに下りて、あいつらと同じこと、やってみ?あぁ?」
くらいのこと、奴に向けて言ったかもしれんかったな。もしくはシミスポにチクるか、どっちか。

同じくメインスタンドに座る者として、恥ずかしく思った。

このカッコワルイおバカさんとは何の接点もないけど、
バカに代わって俺が謝る。勘弁してくれい。こんな零細Blog読まんとは思うが、な。
イヤホント、選手・スタッフの皆さん、スマンカッタ。(ー人ー)
バックスタンドでいっしょうけんめい応援してくれるサポーターの人にも、スマンカッタ。(ー人ー)

ご存知の人はご存知のように、平塚競技場では、
マッコイはいつもメインスタンド側の自由席で観戦しています。
大体こんなアングルでピッチを見る場所ですね。
d0025070_195423.jpg

何でバックスタンドに行かないかというと、最近腰がチト不安なので背もたれのある椅子がいい、
というホントにそれだけのヘタレな理由なんだけど
メインスタンドのここらへんは、ピッチで踏ん張っている選手も見えて、
ベンチで怒ったり喜んだりしている管野監督やカルロスコーチも見えて、
ハーフタイム終了後にはピッチに戻る選手の気迫十分の背中が見えて、
向こうにはバックスタンドで応援しているサポーターの人も見えて、
そのサポーターの人たちとプレイヤーとの触れ合いも見えて、
ぶらぶらとベルじいも手を振りにやってくる、という。
なかなか自分的には気に入っているオイシイ場所です。

ときどき「メインってどうなんですか?なんかマッタリしてません??」とか聞かれるんですけど
んー、たしかにメインスタンドにはいろんな人がいますね。
頼んでもないのにウルセー解説する人とか、今回のように汚い野次を飛ばす人とか、
こんなとこまで来てNintenndoDSやってるクソガキとか、確かに居ますけど
1,000人中999人くらいの割合で、メインスタンドもベルマーレを応援しています。コレホント。

バックスタンドにあわせて、ちゃんと手拍子とか、掛け声も起こっていますよ。
子供たちが(負け試合に飽きてこないうちは)フラッグをパタパタ振って通路を走り回っています。
どっちかというと、バックスタンドが「仲間・同志」として選手たちを応援しているとしたら
メインスタンドは「保護者・家族」として応援している、感じでしょうか。
戦闘的でなくアットホーム。下界から隔絶されたお祭りのハレの場ではなく、
あくまでも日常生活の中にサッカーが溶け込んでいるカンジ。
これもまたクラブをサポートする人々の、ひとつの姿、なのじゃないかなと。
なので突出したバカだけを見て、平塚競技場のメインスタンドの全てについて
「こんな奴らばっかりなのか・・・」と思わないでくださいね。

とりあえずメインスタンドに座るマッコイはmyルールを定めています。
 (1)味方の選手に人格否定的なことを叫ばない。
 (2)プレーが未成熟でも、ため息をつかない。

サッカーもろくに知らないマッコイが考えても全然見当違いなのかもしれないけど、
このクラブを強くするためには、スタジアムの中でどういう応援が必要か、ということを考えると、
厳しいシツケはバックスタンドの皆さんにやってもらって
メインスタンドは「ほめて育てよう」という形にできれば、いいな、と最近思うのです。
子供と同じで、叱るだけじゃ、伸びないんじゃないかな。少し自己肯定の場を与えないと・・・

ちょっと長くなるので、明日に続きます。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-09-15 01:20 | Bellmare