カテゴリ:TRPG( 62 )

一本道シナリオ

我が家にKioskさんをお招きして久しぶりにTRPGのマスターをやりました。
現在開発中のBeyond Fighting Fantasy
テストプレイに付き合ってもらったのです。略してBFFな。
イギリス大陸派遣軍じゃないぞ。それはBEFだからな。間違えんなよ。

サンプルシナリオとして用意したのは、
社会思想社刊Advanced Fighting Fantasyにあった
ダンジョニア・アドベンチャーⅠ「魔術師の塔」です。
このシナリオをBFFに置き換えて、テストプレイしてみたのです。

これは悪の魔術師ゾルタン・スロッグに誘拐された
サラモニスのサリッサ王女を救出する目的のシナリオです。
TRPG初心者用の入門シナリオという位置づけですね。
でだ、そのゾルタン・スロッグの塔というのが・・・
d0025070_0143079.jpg

めっちゃ一本道やんけ。ヽ(ヽ・∀・)
これでは道に迷いようがありません。
そのダンジョン構成の潔さに2人して爆笑してしまいました。あーおかしい。

まあ、そんなわけで、BFFを鋭意作成しています。
いつか皆さんの下にお披露目できるかもしれませんね。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-10-29 23:44 | TRPG

【夏休みの宿題】Beyond Fighting Fantasyを作ってみよう!

昨日の日立柏のレイソル戦はね・・・
ま、なんだ。ひとことで言うと・・・

0-1
0-2
0-3
0-4 ・・・orz


ってなわけだ。前回は『カシワ國潜入記』(3月4日記事参照)
なんてネタレポートも披露したが、今回はそんな気にもならん。
はい、おしまい!(プンスカ)

d0025070_0275646.jpgそれはそうと、上野とカシワを往復する
国際列車の中で読んでいたのがこのルールブック。
お手軽で簡単。
それでいてシナリオ作成はGMの力量が試される。
航空機で言うなら、三菱T-2みたいなシステム。
まあ、TRPGから長らく離れている
マッコイには、よいリハビリかと。







でもやはり90年代初頭の亜音速機。いろんなルールが出た現在だと、
各所においてプレイアビリティ的に何か違和感があるのですね。
というわけで初心者を引き込め、かつ中級者くらいまで満足できるような
ルール改変を検討スル余地アリ。これもまたバランス感覚を取り戻すリハビリ。
いうなれば21世紀版『Beyond Fighting Fantasy』

果たしてできるかな?

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-09-03 23:10 | TRPG

THUNDERBALL RALLY

お前はその筋では有名だ。お前はスピードを愛している。
お前は交通法規を数多く犯し、そのたびに自分の免許証の氏名欄を書き換えている。
お前はタイヤの軋みを聞きながら眠りにつき、朝にはコーヒーやベーコンの薫りよりも、
焦げたゴムの匂いの方がかぐわしいと思っている。
そしてある時、お前はさる筋から手紙を受け取った。
それはアメリカを横断する年一回の高速無法レースの招待状だ。
顔に満面の笑みが広がる・・・。

★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★
THUNDERBALL RALLY  A Polyhedron Mini-Game of High Octane Adventure
★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★ - ★


d0025070_2146439.jpg
えー、表紙のお姉ちゃんは
性転換した小泉首相ではありません。
2002-03年にかけて、
WoCがd20Modernとかを発表した頃、
Dungeon誌がリキ入れて
「こーいう世界も作れるよ!」と
巻末付録でいろんなミニルールサプリメントを
集中特集していた時期があります。
戦争ものとか、巨大ロボものとか、
パルプフィクションものとか・・・
自分的にはポリヘドロン・シリーズ
と呼んでるんですが、その中の1つが、
このThunderball Rally(さんだぁぼぅる・らりぃ)です。








前書きによると・・・

 THUNDERBALL RALLYでは、あなたはアメリカ大陸を横断する最大最凶のカーレースに参加する一員となり、巨万の富を目指す。「キャノンボール」「ブルース・ブラザーズ」「デス・レース2000年」「トランザム7000」もしくはその他のカーアクション映画が望むままに、あなたはリー将軍やボス・ホッグ、そして州警察のようになることができるのだ。

とのことで、d20Modernにおける車輌戦闘ルールをクローズアップさせています。
でも舞台はカーウォーズみたいな暗黒世紀末ではなくてですね、
あくまでも1970-80年代に流行ったその筋のカーアクション映画の再現を狙っています。
このゲームにおけるクラスは3つしかありません。

 ◎エース(運転席に座る人)
 ◎ナビゲーター(助手席に座る人)
 ◎ボディガード(後部座席に座る人)


この3人でチームを組み、全米をパトカーに追われつつ爆走するという設定。
ちなみにこのアメリカ横断ウルトラレース(マッコイ命名)ですが、
世界設定によると、第1回は1950年、
シシリアンマフィアのコーザ・ノストラによって開催されました。
そして1976年(ゲーム的な“現在”)まで、毎年1回 ヤ ミ で 行われています。
ちなみに今回のレギュレーションは以下の通り!じゃーん!!

☆レギュレーション☆
----------------------------------------------------------------------------------------------
◎公の場でこのレースについて言及しない。
◎発走順は、レース前日にランダムに決定される。
◎航空機関及び水上機関を使用してはならない。
◎全ての車両はマンハッタン島の港湾倉庫地区からスタートする。
◎全ての車両はマンハッタン島の港湾倉庫地区ドッキングバースから、
  カリフォルニア州ロングビーチにある客船クインメリー号まで走破しなければならない。
◎いちばん最初にゴールに到着した者が勝利者となる。
◎ルート設定は各車両乗組員の責任において行われるものとする。
◎乗組員は自分の車両に搭乗してレースに参加すること。
  それができない場合は、失格となる。
◎車両はルート内の全てを自力で走行すること。それができない場合は、失格となる。
◎1位のみが賞金を獲得できる。それ以外の者は空の財布で家に帰る。
◎賞金は50万ドルである。そして次のレースまでトロフィーを保管する。
◎他の参加車両を妨害することについての規定はない。
  妨害行為を受けそうな徴候を感じたとき、
  標的者は鋼鉄のタイヤか各種武器で応戦する権利を認められている。

なんてス・テ・キ!アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ
それでは続報について気が向いたら後ほど。2006年はアメ車で吹っ飛ばすぜ!やふー!!

(^v^)ノ
d0025070_22132120.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-08-31 22:16 | TRPG

石の種族

うむ、いや、あれだ。
d0025070_23263337.jpg

と、鉄腕キャンベルもおっしゃっているが、まったくその通りだと思う。
ホビージャパンからの月1サプリメント大攻勢に息絶え絶えのマッコイです。
よう付き合うわ俺もイヤホント。ホワイトプルームマウンテンも読みたいなあ。
エベロンはあきらめるかぁ・・・原書持ってんだぞオレ。ハァ(((;-д- )=3

d0025070_23541649.jpg
というわけで新サプリメント『石の種族』です。
神保町で買いましたー。
とにもかくにもいつもどおりの
ハードカバーでほっとしてます。
この本ではドワーフとノームを強化し、
さらに新種族ゴライアス(岩人間)が入っています。
ゴライアスって何かに似てる・・・あ、あれだ!

モンテディオ山形の新マスコットだ!(奥にいる方)








アースドーンからこんにちわ、みたいな種族ですが
筋力+4、敏捷-2、耐久力+2。
中型サイズなんだけど武器とか組み付きとかは実際1段階サイズおっきくていいよー
ってのは、レベル調整値+1でいいのか本当に?と思ってしまいます。
パワー志向のPLはみんなこっちに流れて、
ドワーフ戦士は、純粋にドワーフが好きな奴しかやらなくなる予感がひしひしと・・・
でも新特技の≪仲間投げ(Fling Ally)≫いいなあ。戦闘の幅が広がりそうです。

まあとりあえず、誇り高きドワーフの生き様が詳細に解説されているから、ヒゲ好きは持っとけ!
全日本ドワーフ協議会「夏の推薦図書」ってことで、ひとつ。
(↑このネタ引っ張るな、俺も)

へえ、ドワーフは、火葬なんだぁ・・・

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-08-29 23:49 | TRPG

d20Modern日本語版<続>

昨日の記事でひととおりネガったら、怒られてしまいました。
d0025070_23321467.jpg

と・・・。

るくるくさんに・・・。

じゃあ「d20Starship Troopers」でも読んでみようかな。
それとも「The RED STAR」にする?

(なんかBlogpetみたいな書き込みだな・・・)

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

 2年後の見通しは「ないに等しい」らしい。マジヤバス(゚Д゚)↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
[PR]
by mccoy1234 | 2006-08-06 00:04 | TRPG

日本版d20Modernはソフトカバーだった!!

フォート・マッコイにも届きましたd20モダン日本語版

行ってみたイエサブ横浜店は(ソ連のスーパーマーケットの如く)
品不足でお約束どおり完売したとのことで、通販サイトの郵便小包で頼みました。

そいで、今日届いたよ。

あれえ?
郵袋を持ったときに、何だか、ぐにゃっと、曲がったよ・・・???
そそそ、ソフトカバーなんですね。さらに中をパラパラめくると、あれれれ?

(つд⊂)ゴシゴシ

俺、お疲れ目になっちゃったのかな・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ
 _, ._
(;゚ Д゚)

ト ー ン 2 色 刷 り で す か 。

これがホントのトーンダウン。なんちて。
公式HPはオリジナル版ママのカラーイラストなのにそりゃないよ(><)
ま、まあでも、マッコイ強い子だから、負けないもん!!(何が?)
これでいろんなd20ワールドに道筋が開けましたから。よかったよかった。

(^v^)ノ
d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-08-05 01:27 | TRPG

冒険者大全

d0025070_073299.jpg
届きました。(^v^)
これでやっとこさフォート・マッコイにも
戦士・秘術・信仰・冒険者の「大全シリーズ」がそろったわけです。
4冊並べてみると…










d0025070_0135471.jpg
おお、97式中戦車をも凌駕する装甲厚に!!

さて、マッコイがこの4冊の中から
イラストのインパクトだけで選んだ

上級職の第1位は…!!!!

やっぱりあれだよな。
「信仰大全」p.52の
チャーチ・インクィジター
だと思うんですけど。
いや、強さがどーとかではなく、
その布教手段が…(((( ;゜Д゜)))

皆さんはどうですか?

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-07-06 23:40 | TRPG

The Dark Eye

まあ、昨日たくさん夢を語ってキモチ入れ込んだとしても、
結局のところ来週までは雌伏する時間帯なわけで・・・
本日からまたマッコイブログ「もんクレ」はいつも通りのテンションに戻るのであります。
ああそうですね、いま、開会式やってますよ。ワールドカップの。
そうか・・・時代はドイツか・・・平塚ではなく・・・(遠い目)
それじゃあマッコイも、どーんと、ドイツ生まれのTRPGを紹介しましょう!(^v^)


d0025070_083714.jpg
『The Dark Eye』
もともとDas Schwarze Auge(黒の女神たち)
というドイツ産のRPGでしたが
アメリカのFantasy Production社
「ん?これならウチの国でもイケんジャね?」
と、英語訳して米国で販売しはじめたのが、
このThe Dark EyeというRPGです。

元システムのDas Schwarze Augeは、
母国ドイツではけっこう売れてたようで、
サイトで調べると第4版まで出版されてて、
ゲーム系小説とかも出てますね。
日本におけるソードワールドみたいな
位置づけかもしれません。
で、満を持して、米国上陸、と。





内容はパラパラっとみると・・・
Aventuria大陸という世界を舞台にした正統派ファンタジーRPGです。
難易度的にはD&Dより低いものの、無駄な、というかデザイナーが“遊んだ”ページがない。
わずか180ページながらかっちり作りこんだルールブックです。
これはワールドマップの一部(実物大)。
A4版に、これでもかってくらい精密に地形を詰めこんどるワァ(n‘∀‘)η
d0025070_23575048.jpg

また、キャラクラスのマーセナリー(傭兵)が、30年戦争をカンジさせる風体なのは国民性か?(笑)
d0025070_23585838.jpg

なんだか頑固なマイスターのおじいさんが作った
木馬の玩具みたいなフンイキのTRPGルールです。
d20システム全盛のアメリカに風穴を開けられるか、ドイツの挑戦に注目です!

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-09 23:30 | TRPG

よいプレイヤーになろう。

昨日は久しぶりにTRPGができました。やたー!!
kioskさんとゼンさんプレイヤーで、マッコイガキーパーを担当している
「ひっそりクトゥルフと帝國」キャンペーンであります。
いつまで続くやらと思ってましたが、もう、6回目なんですな。

今回はプレイヤーの元に召集令状がきて、いざ応召されたらそこはとんでもない部隊で
鬼教官が実はXXXXXXXで、シゴキでバテたXXXを毎日骨までXXXXXXXXして、という
「大正版フルメタル・ジャケット」的なお話です。
プレイヤーの皆さんもがんばって真相を突き止めて、自分の生命を守るため戦ってました。
すごい、がんばったっ!(^v^)

最近忙しくてTRPGできなかったけど、よいプレイヤーがいるセッションは、やっぱ楽しいですね。

この年になって、つらづらと思うことなんですが・・・
今は「よいマスター」ってのは、けっこうなりやすい時代なのね。
ルールブックでとても親切に「こうやるといいよ!」って書いてあるから。
立派な教科書があるんだもん。がんばって準備すればステキなマスターができる。たぶんね。
だけど「よいプレイヤー」ってのは、なかなかなるのが難しい。
これって個人的カリスマによってすっごく左右されるからね。
どんなにがんばっても、素質がない人は、ある一定のレベル以上には成長しない。

ちょっとキツイ言い方しちゃうけどね。でも役者や芸術家とかとおんなじで、
天性のインスピレーションが必要とされてくる部分がある。これは確か。

(あ、ちょっと待った。そういう素質がない人はTRPGやんないほうがいいよ、
 と言ってるわけじゃありませんよ。そこらへん誤解しないでくださいね)

さてそれでは、よいプレイヤーってどういう人?
うーん、どんなに悪いシステムでも、準備不足のマスターが相手でも、
練りこみ不足のシナリオに遭遇しても、自分の力でセッションをおもしろくできる人、かねえ。
マスターの意図を読み、ルールを理解し、他のプレイヤーにも的確な会話のパスを繋ぎ、
卓のモチベーションを向上させつつ、それでいて自分もおいしいトコ楽しんでんの。ちゃっかりと。

サッカーで例えてみれば、ブラジルのロナウジーニョみたいなファンタジスタ。

ああそうだね、彼だね。サッカーやってるとき、あの人、とっても幸せそうだもん。
そして観客も興奮して、彼の華麗なプレイに釘付けになるよね。
TRPGにおいてそんなプレイヤーになれたら、最高ですね。

(^v^)ノ

d0025070_245664.gif

[PR]
by mccoy1234 | 2006-05-29 23:19 | TRPG

DragonQuest

d0025070_22171396.jpg

日本を代表するコンピュータRPGではありません。だからメタルスライムは出てきません。
1980年に発売された、ずうっと昔のアメリカのTRPGです。
SPI社(!)が希望に輝いていた時代の作品ですね。
日本でもTACTICSでMelee+Death Testが付録ゲームでついていたんだけど
あれの・・・元になったRPGだっけ?それとも発展形のRPGだっけ?
もう忘れちゃったーい ┐(´ー`)┌

SPIがTSRに吸収されて、そのとき出たのが第2版。
そのTSRもなくなっちゃって、なんか版権があやふやになったのですが
このたび第3版としてリバイバルされました。言うなればDQ3rdだね。
つっても、D&D3rdに比べたら、メジャーリーグとサンノゼ教育リーグぐらいの差がありますが。
んで、米国から取り寄せてみました。原本は箱組だったはずなんだけどね。
だけど新版は3冊まとめたソフトカバーになっています。

ぱらぱらめくってみると・・・

まだウォーゲームとロールプレイングゲームの境界が混沌としていた時代だから
ガチのヘクスマップ戦闘なのね。こんなページを見ると、歴史を感じるなあ。
トークを楽しむというより、個人対個人の戦闘シミュレーションという感じ。
d0025070_226855.jpg

ぶっちゃけ言うと、システム的には、もう目を向けるべきものはなく、
単に史料的価値しかないルールブックです(あらら・・・)。
でも、ぱらぱらページをめくってみると、RPG草創期の息吹というか、
何というか無視できないエネルギーが感じられる。
「RPGっていう、新しくておもしろいゲームがあるんだ、みんな、買ってくれよー!」
というデザイナーの叫びが聞こえてくるというか。

(そんな幻聴が聞こえたら、キミもコレクターの仲間入りだ!)

まあ、こういうのも、なんかいいですよね。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2006-04-19 22:15 | TRPG