<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

マッコイ的J1大予想

東京Vの降格を目の当たりにして、
ちょっぴりおセンチ(死語)になって柏より帰ってきたら
何だか上位がスゴイことに・・・(;´∀`)・・・うわぁ・・・
それでは現順位、いってみましょう。ドン!

1位 セレッソ大阪 勝ち点58 (得失点差+8)
2位 ガンバ大阪 勝ち点57 (+22)
3位 浦和レッズ 勝ち点56 (+24)
4位 鹿島アントラーズ 勝ち点56 (+18)
5位 ジェフ千葉 勝ち点56 (+13)


すげえ・・・今週土曜、最終節に全てが決まるのです。
果たしてどこが年間王者に輝くのか、にわかサッカーファンのマッコイも
ここでちょっと予想を立ててみました。おお、本格サッカーブログっぽいぞ!(`・ω・´)
それぞれのクラブにとって、最終節、運命の一戦は、以下の通り。

<第34節 12/3(土)14:00 K.O.>
セレッソ大阪は、対FC東京戦 (ホーム)
ガンバ大阪は、対川崎フロンターレ戦 (アウェイ)
浦和レッズは、対アルビレックス新潟戦 (アウェイ)
鹿島アントラーズは、対柏レイソル戦 (ホーム)
ジェフ千葉は、対名古屋グランパス戦 (ホーム)

・・・うーむ・・・見事に直接対決がなく、全クラブとも自分より下位チームとの対戦です。
ということは、今までこれらのチーム相手に勝ち点を稼いできたやり方、
つまり、どれだけ自分達のサッカーができるかが焦点になってくる。
そこらへん念頭に置いて、それぞれの対戦カードを分析してみる。

☆セレッソ大阪×FC東京(at長居)
(セレッソ勝ち点は ○なら61/△なら59/×なら58)
優勝するには、勝てばいい。そーすると勝ち点61でどこも届くことができません。
現在はかなり優位な状況にあります。ところが・・・次の相手が・・・
FC東京という、ベタ引きされると、かなりいやーなサッカーをするクラブ(ほめ言葉)。
優勝目前の重圧の中で、茂庭や今野の東京守備陣を抜くことができるかというと・・・
予想:セレッソは引き分ける

☆ガンバ大阪×川崎フロンターレ(at等々力)
(ガンバ勝ち点は ○なら60/△なら58/×なら57)
前々節の大宮戦をTV観戦しましたが、バイオリズムは明らかに下降線。
いかんせん、怪我が痛々しい宮本を筆頭として、ディフェンス陣がずたずたです。
川崎のジュニーニョ、マルケス、アウグストの爆発的攻撃力を
押し留めるには明らかに役不足だと思う。
予想:ガンバは負ける、よくて引き分け

☆浦和レッズ×アルビレックス新潟(at新潟)
(レッズ勝ち点は ○なら59/△なら57/×なら56)
浦和は下位に取りこぼしが少なく、いつも通りのサッカーができれば、勝てる相手です。
さらに、昨年もチャンピオンシップで修羅場は体験している。
レッズサポの大応援は、それ以上のアルビサポがいるビッグスワンでは得られないけど
逆にそれが、すぐカッカする闘莉王とかの頭を冷静にさせるかも。
予想:レッズは勝つ

☆鹿島アントラーズ×柏レイソル(atカシマ)
(アントラーズ勝ち点は ○なら59/△なら57/×なら56)
あはは、レイソルファンの方には悪いけど、これは鉄板で鹿島の勝ち。(^v^)
J2との入れ替え戦を控えて、柏は上位イジメなんてする余裕ないです。
さらに柏はカシマスタジアムでの通算成績、0勝10敗だそうです・・・
まあ、鹿島らしく、そつなく、さっさと勝つんじゃないスか。
予想:アントラーズは勝つ

☆ジェフ千葉×名古屋グランパス(atフクアリ)
(ジェフ勝ち点は ○なら59/△なら57/×なら56)
ナビスコは見事栄冠に輝いたジェフ。勢いはある。
が、勢いがあるということは、若いということ。若さゆえに、プレッシャーには弱そうだ。
「バスに乗り遅れた」だの何だのと、オシム監督のモチベーションの低さも気になる。
前節のガンバ戦勝利は、ガンバの状態が悪すぎただけ、とも言える。
予想:ジェフは引き分け、悪くて負け

そうなると・・・マッコイの予想通りになると、勝ち点はこうなります。ニン!
C大阪59 G大阪58or57 浦和59 鹿島59 千葉57or56
C大阪と浦和と鹿島が勝ち点59で並びます。が、ここで得失点差を考える。
前節まで→C大阪(+8) 浦和(+24) 鹿島(+18)
C大阪は予想だと引き分けなので得失点差は変わらず+8のまま。脱落~。(><)
予想だと両方とも勝利の浦和と鹿島、しかし得失点の差は6点。
同じ「勝つ」にしても、例えば浦和が1-0で勝利ならば、鹿島は7-0でないと並べない!
小笠原が怪我で出場が微妙である以上、これはかなり困難なミッションでしょう。

というわけで、マッコイの優勝予想は、ハナ差で浦和レッズとみた!

これが当たったら来年はtotoでも買ってみよっかな(^v^)
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-30 01:40

空中はりそんチョップー!

いや、何だいきなり。つまり昨日のことなんですが・・・
卓上遊戯団さんの方々と定例会でサタスペRemix+を遊んだのです。
マッコイは和泉ハリソンJr.という、おバカキャラを作りました。

和泉ハリソンJr.(いずみ・はりそん・じゅにあ)
性別:男 年齢:25 故郷:ママの背中 チーム:チーム鬼瓦
服装:亜侠(袴と紋付と扇子) 好きな映画:北条時宗
【犯罪】甘ちゃん(Lv2) 【生活】快適(Lv4) 
【恋愛】奥手(Lv2) 【教養】おばか(Lv2) 【戦闘】勇敢(Lv4)
【肉体】貧弱(Lv3) 【精神】大胆不敵(Lv5)
移動力3 攻撃力3 破壊力5
カルマ:道化師 表の顔:空飛ぶ狂言師

そうです、ええ、彼です。
ネタに塗れてスイマセン。
汚れちまった魂に付き合ってもらって、他の皆さんスイマセン。
また、ハジけてしまいました・・・(反省)

戦闘ルーチンとしては「お主には明るい未来が見えぬぞぇ~」と道化師らしく「口撃」して
敵の行為判定にペナルティを加えつつ、どこか高いところに「移動」して上ります。
そして必殺技の空中はりそんチョップ
手に持った扇子(=本格的な片手武器)で敵の脳天を打ち据える「跳ぶ」「攻撃」です。
破壊力は7です。「跳ぶ」から、その後必ず転倒します。
(それはつまり、フォールの体勢に入る、とも言う)

<そして、マッコイがナレーション>
この「空中はりそんチョップ」時に、彼の用いた扇子が、
後に上方芸能において独自の発展進化を遂げた。
これこそ今日使われている“ハリセン”の語源である・・・

<するといっしょの卓にいた高野聖さんが>
ガーセービーアー♪

(´▽`*)アハハ
実際には・・・ファンブルを出しまくりまして、道化師の「疫病神」効果で
他のキャラに迷惑かけ放題してしまいました。そうなので
スピークイージーで、ええ、見事に、狙ったとおりに「ダメ人間」になりました。

プレイヤーとして本懐である。(`・ω・´)

まあ、でも、サタスペの世界には、こんな人もいそうですよね。
何でもありの楽しいセッションでした。
このキャラは(できればネタが旬なうちに)また使いたいですね。

来月の12月定例会は多忙で定例会に出られなさそうです。
なので、ちょっと早いですが、卓上遊戯団のみなさん、どうかよいお年を!

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-28 23:22 | TRPG

晩秋の風吹くスタンドで考えたこと(脱アンチヴェルディ)

本日はマリノスのホーム最終戦でした・・・が!
そっちの応援はマリノスケさんに任せて、今日は柏まで行って参りました。
レイソル×ヴェルディ戦を観戦したのです。
J1は残り2試合、16位レイソルは勝点32、17位ヴェルディは勝点27。
ヴェルディは、J2降格を避けるために、勝って勝点3とらないと望みをつなげません。
テレ朝のアホアナウンサー風に言うなら“絶対に負けられない戦い”です。
日立柏サッカー場はスタンドとピッチの距離が近く、選手の顔がよくわかります。
決戦に挑む本日のヴェルディの面々、悲壮な顔です。
あっこの布陣と雰囲気は、何かに似ている・・・そうだ、アレだ・・・
60年前、沖縄に向けて出撃した菊水だ。天一号作戦の、連合艦隊だぁ・・・(泣)

<1945年4月6日 at 坊ノ岬>
戦艦:大和  軽巡洋艦:矢矧
駆逐艦:冬月、涼月、磯風、浜風、雪風、朝霜、初霜、霞
<2005年11月26日 at 日立柏>
戦艦:ワシントン 軽巡洋艦:小林大悟
駆逐艦:相馬、山田、戸田、平本、高木、柳沢、上村、小林慶行

そしてワシントン特攻の結果はこの通り。

東京ヴェルディ1969はトップリーグより降格し、来季よりJ2で戦うことになりました。
今年1月の天皇杯優勝の時の、いや、4月に等々力で見た時の、
あのワシントンのすんげえ強さは、もはや跡形もなく・・・
攻守のバランスを崩したチームは、カウンターでずたずたに切り裂かれ・・・
J2落ちというやつを、初めてマッコイは間近で見ました。
たぶんクラブ創立当初から応援してきたのかな、老年男性のサポーターの表情が・・・
寒い風が吹く晩秋のスタンドが・・・いや、切ないね・・・こういうのは・・・

ご存知のように、マッコイはずっとアンチヴェルディでした。
マッコイのようにのほほ~んとしていた野球ファンの人間にとって、
突然日本にやってきたサッカーのスピードや熱狂は、全く異質な物に見えました。
コレはマッコイだけじゃなく、国民的人気スポーツとして、
どっぷりぬるま湯に浸っていた野球界にとって、
突如現れた脅威というのはサッカーであり、そのサッカーのイメージとは、
カズやラモスが着ていた、緑のユニフォームのヴェルディだったのです。
よくわかんない人にとって、サッカーとはヴェルディだったんです。

いろんなサッカーファンの人達、特に年季の入ったマリノスサポーターに話を聞くと・・・
サンバリズムの応援にノッテ「ぶっ飛んだ」ヤツラが「とんでもねえ」プレイを
たくさんしていたのは、読売クラブである、ヴェルディ川崎だったそうです。
(それと、マリノスね!日産自動車!)
そんなJリーグ初期の頃、ろくに彼らのプレイも見ないで
筋金入りのアンチ巨人(アーンド日テレ!)だったマッコイは、
よくわからないままアンチヴェルディになっていました。
読売グループという巨大マスコミをバックにして、ジャイアンツのように
外国から有名選手を招き入れたり、他クラブから有望株を引き抜いたりしていたのが、
どうにもガマンならんかった。といっても、今のチェルシーや三木谷社長から見れば、
そんなの普通のチームマネジメントだったのにね。
いや若かったネ。純粋だった。(^^;)

ところが、何か今日で、ヴェルディに対するアンチ感が、すうっと消えてしまったのですよ。
(といって、サポーターになるほどじゃないけど)
サッカーはサッカーだし、野球は野球なので
アンチ巨人に引きずられてアンチヴェルディを通すのも、
なんだかおかしな話だということに、マッコイ、反省いたしました。
正直に言うとですねー、この1年間サッカーを見続けて、彼らの苦闘ぶりを見るうちに、
だんだんこのチームがかわいそうになっちゃったんですね。(^v^)

というか、試合終了のホイッスルが鳴っても、選手がピッチから引き上げても、
スタジアム職員がゴールネットとかを畳んで片付け始めても
ボランティアの人達が客席を掃除し始めても、それでもなお、
延々と声を枯らして応援し続ける、緑のサポーターの方々に、
2chのようなところの頭でっかちな人達がよくやるように
「あんたら日テレ電波系で、サッカーよくわかんないけど、アンチ!」
とハナっから決めつけちゃうのも、失礼な話だなあ、と。
ここまでフットボールを愛してる人達に向かって、それはないよなあ、と。

とにかく、時代は変わりました。
あの憎々しかったヴェルディが、来年から愛媛FCやザスパ草津と
同じリーグで戦うなんて、誰が予想できたと思う?
たぶんこの、日本のプロサッカーを今まで牽引してきた
東京ヴェルディ1969がトップリーグのJ1から降格したという事で
Jリーグは、というより、日本のサッカーは、大きな転回点を迎えたのかもしれません。
それが良い方向か、悪い方向なのかは、まだわからないけれど。

その瞬間を、確かに、マッコイは見たのです。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-26 23:46

柄にもなくアスキーアート何ぞでこの落胆っぷりを表現してみる

久保は全治3、4週間 横浜M

 J1横浜Mは24日、久保が左太もも裏の肉離れで全治3、4週間と診断されたと発表した。23日の鹿島戦で負傷した。練習中に左足甲を痛めた清水は全治1、2週間のねんざと診断された。 【共同通信】

     ∧マッコイ∧
    ( ;;;;;;;;;;)
    _| ⊃/(___
  / └-(____/


    <⌒/ヽ-、___
  /<_/____/


このブログでプッシュしたらこれだもんなぁ・・・
清水もいっしょだから、寂しくないね、ドラゴン
・・・って、ゴルァ!!(ノ`Д´)ノ 彡┻━━┻
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-24 21:23

北極圏対独海戦1944

d0025070_1404749.jpg
昨日見たロシア戦争映画です。
例によって彩プロ。TSUTAYAで借りました。

*リード文はこんな感じ*
第二次世界大戦中の北極圏攻防戦を描いた戦争アクション。ドイツ軍と激しい戦闘を繰り広げるソ連軍。親友を失ったパイロット、戦火で行方不明となった妻子を探す司令官…。それぞれの想いを胸に、ソ連の兵士たちは特攻機“イリューシン4T”で発進する。





特攻機イリューシン4Tって、ちょっと待てお前・・・(;´Д⊂)
ホントはこんな飛行機です。うわー・・・(泣)
機首全面ガラス張りじゃないですか。ここに、雷撃手は寝そべって、
魚雷の照準を合わせるのです。まあ、なんて広い視界でしょう(;・∀・)
ちなみにこの位置は、敵艦からの対空機銃で、イの一番に身体が吹っ飛びます。

d0025070_1475020.jpg


主人公が所属するのはWW2のソビエト空軍雷撃隊で、
相手はドイツの通商船隊という、もう、なんというか、
この世の果てで繰り広げられるマイナーな戦いを描いております。
この映画、航空映画にありがちな、キレイな青空のシーンが一秒たりともありません。
全編通して、寒々しいどよーんとした曇り空です。それに引きずられるように
キャラ全員もどよーんとしており、それぞれのエピソードもどよーんと沈滞して、
ラストはどよーんとした機内の雰囲気のまま、凍てつく海に散華しておしまい。
という、なんとも救いがたい陰鬱な気持ちにさせられます。
あ、でもちょっとだけ女優陣はキレイだった。あと司令官のキャラ立ちもいいカンジ、かな?

この映画のウリは・・・
およそ日本では全く馴染みのないソ連機がたっぷり出てきて、
役者のみなさんがいろんなコネタを見せてくれます。
搭乗員の乗り込み方とか、雷撃時の照準方法とか・・・
おそらく日本の我々には、Il-4Tの内部についてどうなっているのか、
この映画以外に資料を入手できないと思います。
というわけで、ソ連航空機マニア、特に雷撃機マニアには、必見の映画といえます。

(^v^)ノ

【マッコイ式戦争映画採点表】
ストーリー(5.0) テーマ希少価値(6.0) 役者演技(5.0)
史実再現(5.5) 高揚感(4.0) 男泣きレベル(5.0)
戦争やりたくなくなる度(5.5) 兵器マニアック度(6.5) 総合評価(5.0)
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-23 01:39 | Sinema

クマ殺しのドラゴン

昨日(11/20)の話なのですが・・・
日産スタジアムまで行って横浜Fマリノス×サンフレッチェ広島戦を観戦。
最近J2だのJFLだの物好きなところばっか見てたマッコイですが
マリノスを見るのは8月のナビスコ準々、真夏の三ツ沢以来、久しぶりです。
今回は2階席に座りました。陣形がよくわかりますね。吹きつける北風は寒いけど・・・

メンバー発表を見ると中澤欠場ということで、
そして岡田主審(わぁーお!)ということで
何となく背中に嫌な汗が流れたのですが、そんなことを吹き飛ばすように・・・
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

まままマリノスケさんすごいですよ、久保竜彦が完全復活ですー!

1点目 田中はゆまのクロスに合わせてヘッドでドーン!
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

2点目 高い位置からパスカットしてそのまま攻め込み
 グラウにアーシースートー!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

3点目 鋭く裏に飛び出して敵DFはたまらずバックチャージ
 PKを誘ーーーーーう!

キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

というわけで3-1、完勝です!
マリノスのサポーターの皆さんは、勝つと赤白青のトリコロールの傘をくるくる回します。
2階席から見るととてもキレイです。洒落ていて、横浜らしい粋な応援で、
マッコイはコレを見ると楽しくなります。(^v^)
彼がシュート撃つたび「ドラゴンキター!」と周りから言われてたのですが
なるほど久保「竜」彦だから「ドラゴン」なのですね。
これが得点力のあるFWっていうんだなあ。背筋ゾクゾクしましたデス。
グラウもあんなバカっぽい楽しい性格だとは思ってもみなかった。
そうか、キミ、かぶりものキャラなんだね。基本的に。
うーん、おもしろいゲームでした!

田中はゆまのクロス、松田の暴れっぷり、若武者の河合、
山瀬のドリブル、上野の冷静なツブシ、andドゥトラ、マグロン、グラウ・・・
そして岡田監督曰く「最後のピース」である久保。がっちりはまりました。
これにプラスしてボンバーヘッド中澤ですから、
いやいやいや、今年はいまひとつ調子に乗れませんでしたが、
なかなかどうしてポテンシャル高くなってきましたよ、トリコロール軍団。
次節は鹿島、次々節はC大阪と、優勝争いをしているチームに挑みますが、
これは引っ掻き回してくれそうですな、そして年末の天皇杯も・・・いけるかも!

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-21 23:14

今回は大規模戦闘などで・・・

・・・進めてみましたD&D3.5キャンペーンの7回目です。

◆マップ
d0025070_0145919.jpg

◆ユニット
d0025070_0151989.jpg


今回は善と悪の大決戦「十将軍の戦い」という触れ込みで
チット式の簡単なファンタジーウォーゲームみたいなのを自作してみたのです。

なにぶんあわただしく、ルール作った後、
DMテストプレイなし(!)ぶっつけ本番で臨みました(おお、無手勝流!)。
なので、TRPGとシミュレーションゲームが上手く融合できるか
また、ルールバランスや時間配分がどうなのか、把握できず心配だったのです・・・
ですがプレイヤーの皆さんがいろんなゲームに熟練しているので、
すぐにルールに馴染んで勘所を掴んでもらえたようで、うれしかったです。(^v^)

愚かな指揮官の暴走あり、若き勇者の奮戦あり、涙の玉砕あり、ギャグシーンあり、と
まあ、イベントが次々と、TRPGのシナリオと同じようにグッドタイミングで・・・
あり得ないだろうその戦闘結果(ダイス目)は!
ってカンジで、いろんな歴史のドラマが生まれました。
とても楽しいゲーム日和だったです。
プレイヤーの皆様には、毎回いろんな変化球にお付き合いいただき、
いつもありがとうございます。

さあ、今回のマスター準備も終わってちょっとヒマになったので、
TSUTAYAで借りたロシア製の戦争映画でも見るかなワクワク・・・

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-20 00:25 | TRPG

ちょっとかっこいいフレーズ

初めて訪ねたレコーディング・スタジオで、無名の青年は担当者にこう聞かれた。
「お前は誰みたいに歌うんだ?」(Who do you sound like?)
青年は答えた。
「僕は誰みたいにも歌いません。」(I don't sound like nobody.)

そしてその後に続くお決まりの質問。
「じゃあ、どんな種類を歌っていた?」(What kind of music you sang?)
彼はこう言い切った。
「全ての種類を。」(I sing all kinds.)

エルビス・プレスリー。18歳のときの伝説である。

・・・かあっこいいねえ。(^v^)
最近、聞いている輸入CDの説明文に書いてありました。
d0025070_1134932.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-16 01:15 | Others

惑星クレタサス・レポート(4)

忘れた頃にやってくる、翻訳中の「恐竜惑星Broncosaurus Rex」の覚書です。
前回は遥か昔、8/25にアップしていました...( = =) トオイメ
さて今回は、種族のお話です。

といっても、「恐竜惑星Broncosaurus Rex」に出てくる種族は、
開拓者である人間のみ。(※サプリメントでは恐竜人も可能だそうです)
なおD&Dとちがって、人間の特徴である初期技能ポイント+4とか、
初期特技1個追加はありません。
人間は出身地により、「コンフェデ」「ユニオン」「自由航民団」「外世界人」
に分かれ、性格や特殊能力がそれぞれ違っています。
それぞれの歴史的背景は前回アップしたとおりですが、
一般的な「人となり」についてはこうなります。

【コンフェデ】
 コンフェデの人間は頑固で大胆不敵、そして農村の生活に慣れた自給自足の人々である。彼らは自然と動物に触れ合う暮らしに快適さを覚える。子供のうちから遠く離れた星系で小規模ながらも独立した開拓植民地を営み、頼るべき者は自分以外いないことを学んでいく。
【ユニオン】
 惑星連邦の市民はコスモポリタンであり、宇宙のどこかにある大都市で何らかの教育を受けている。大量生産、重商主義、科学礼賛といった環境の中で成育するのである。民主政治と平等主義こそ価値あるものと見なし、それらが飛躍した技術をもたらすと固く信じている。
【自由航民団】
 自由航民団――しばしば彼らは自分達のことを“フリーメン(Freemen)”と称する――とは、一種の遊牧民であり、ある星へ到着したと同時に出発の準備を整えている人達である。21世紀に地球上から追放されて以来、彼らは母星というものを持たない。その代償として終わりのない放浪を続けている。その結果、自由航民団の人間は、その大多数が旅の商人として生計を立てている。
【外世界人】
 外世界人である条件は、銀河の遠く離れた星々に居住していた人間であるということだ。そこは辺境星域(The Outer Reaches)と呼ばれており、既知銀河系の外縁部にあって非文明化状態の惑星に未探査の衛星が並ぶところである。数多くのケースでは、外世界人はどの勢力にも特に所属していない独立開拓民である場合が多い。その他には、コンフェデやユニオンや自由航民団からの追放者――そして忘れ去られた――のケースもある。彼らは険しい人生を一人で歩み、そしてそれを望んだハードな者達である。

ルール的には、ざっとこんな感じ。

【コンフェデ】
☆1レベルの時点で追加特技を1つ修得する。コンフェデの土地柄は独立心に富み、向こう見ずな英雄を生み出しやすい気風がある。
☆武器習熟:コンフェデの人間はボーナス特技として≪古代武器習熟≫を習得する。
☆高技術武器の入手は難しい。
☆1レベルの時点で先祖伝来の武器を保有している。その種類は任意でよい。
☆<動物使い>、<騎乗>判定に+1の出身地ボーナス:これらは自然に満ちた環境のおかげである。
☆自動修得言語:共通語、何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:ソルジャー。全てのコンフェデの人間は幼少より戦闘訓練を教え込まれている。軍に入隊することは、自分の名声を高める名誉ある機会だと考えている。
【ユニオン】
☆+1【知力】:ユニオンの教育施設は最先端技術を市民に教えている。
☆武器習熟:ユニオンの市民はボーナス特技として≪弾丸射出武器習熟≫を習得する。
☆高技術武器の入手は容易である。
☆1レベルの時点で4点の追加技能ポイントを得る。これはユニオンの確立された厳正なる教育システムによるものである。
☆<技術装置使用>判定に+2の出身地ボーナス。
☆ソルジャーとメカニストにおいて、ユニオンを出身地とする者だけが<機甲兵器>の技能をクラス技能として修得できる。
☆自動修得言語:共通語。
☆適正クラス:メカニスト。
【自由航民団(フリーメン)】
☆+1【敏捷力】:フリーメンは都市型宇宙船内で最低2年の兵役に応じねばならず、その後も予備役として生活する。これはその時の軍事訓練で培った身体能力である。
☆<鑑定>、<知識:星域>判定に+2の出身地ボーナス。彼らは旅の商人である。
☆高技術武器の入手は時と場合による。
☆自動修得言語:共通語、アングロ語、何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:ツーフィスター。自由航民団には“安全な港”というものはなく、常にリスクと隣り合わせである。多くの艦隊では兵士育成のための専門訓練に力を入れていないものの、徴兵制度によりほぼ全住民が軍事訓練を経験したことがあり、常に予備役として有事に備えている。普通のフリーメンであれば、いつでも戦闘に対して心の準備はできているのだ。
【外世界人(オフワールダー】
☆+1【筋力】、+1【耐久力】:これらは辺境星域の苛酷な環境と野蛮な生活の引き換えとして得たものである。
☆-1【魅力】:これは内向的でシャイな性格のためである。
☆-1【知力】:これは辺境星域でまともな教育機会がなかったためである。
☆高技術武器の入手は非常に難しい。
☆<生存>判定に+2の出身地ボーナス。
☆自動修得言語:共通語または何らかの星系方言1つ。
☆適正クラス:なし。外世界人は小集団の中で他人と触れ合うことなく暮らすため、天職に巡り会って人生設計を立てる必然性が薄い。

あう!また長々とした文章になってしまいました。今回はここまで。
マッコイは・・・ユニオン人がいいかなあ。
彼らだけが操縦できる機甲兵器・・・(*´Д`)ハァハァ・・・

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-14 23:29 | TRPG

マッコイ的蹴球休日

マッコイの週末の話ではありますが・・・
金曜の夜、徹夜でキャンペーンリプレイをアップさせて、
明くる朝の土曜はこいつの歌で目が覚める。
もうだめだ、おれは、ダメダメだ。

何かしようと思って、テレビでサッカー観戦など。
16:00~18:00の時間帯でJ1首位攻防戦
○ガンバ大阪×浦和レッズ(NHK総合)
○鹿島アントラーズ×FC東京(BS-i)
○ジェフユナイテッド千葉×ジュビロ磐田(JSPORTS1)
を生中継していたので、リモコン片手にテレビをザッピングしながら
「一人三元中継」などにチャレンジ。

しこたまに酔う_| ̄|○

まあ、でも、生でサッカー見たくなって、幸い翌日11/13(日)もヒマだったから
三ツ沢にゴー!
エルゴラッソでも注目していたカードである高校選手権の神奈川県決勝
(正月に、日テレでやってるアレね。スクールメイツが
「うーつーむくなよーふりむくなよー」って踊ってたやつ)
桐光学園×麻布大渕野辺戦を観戦。
べつにどちらとも思い入れがない高校ですが、
ユニホームがスカイブルーで綺麗だった分、桐光学園を応援。
お、ここは中村俊輔の母校なのか。次世代のスターはいるかな・・・?
終了間際に2発決められ、桐光学園は国立に行けませんでしたが、
涙顔でみな、健気にスタンドの大応援団に挨拶。
負けて泣いちゃう、ってのは高校サッカーの特権だよね。青春だ~。
次世代のスターは・・・マッコイ的に(つまり普通の観客の目で)見ると
桐光学園の10番中野洋平と、麻布大渕野辺の9番小川祐は、なかなかにキレキレです。
Jリーグスカウトの皆さん、チェックを!(^v^)ノ

さて、その後は平塚に移動して、19:00からのナイトゲーム。
湘南ベルマーレ×サガン鳥栖を観戦。
前節、甲府に虐殺されたので、それ相応の覚悟をしていたのですが、2-0で勝利。

だめだ、どうしても鳥栖に勝ってしまう!!(今季対戦成績3勝1分)

自分の前の席に、ベルマーレを応援してるのかけなしてるのかわからない、
人格否定の汚い野次を怒鳴り続けて周りから顰蹙を買っている
部活顧問で嫌われる男オブ・ザ・イヤーに輝くようなオヤジもいたのですが
ニューヒーロー登場で、そんな負の感情も、チャラよ。
こちらのマン・オブ・ザ・マッチは2発のゴールを決めた若干19歳のFW森谷圭祐
未青年なので勝利の美酒に酔えません(笑)。
ヒーローインタビューが「あわわわ・・・」みたいなコメントでたどたどしく、笑いの漏れるスタンド。
うーん、ギリギリの高テクニックでしのぎを削るJ1もいいけど、
こういうあったかい雰囲気のJ2も、いいねえ。

さあ、ストレス解消したし、月曜から、また仕事ガンバリマショー。(ボビー監督風に)

勝敗も得失点差も、ものの見事に五割です。

(^v^)ノ
[PR]
by mccoy1234 | 2005-11-13 23:53