<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

さんさん録 第2巻

明日はいろいろ忙しい。
朝9:30に馬入の公園完成式典に行ったあと、午後はサポーターミーティング
そしてそのまま19:00から平塚競技場のナイトゲームで対コンサドーレ戦。わーお。
試合の時は、小中高と同じ学校に通った旧友といっしょに観戦する予定。
幼馴染の悪ガキ同士、約10年ぶりの再会である。
楽しみであるが、お互いの変わり果てた姿を、わかるかどうか…(笑)
つーわけで明日のために、W杯のドイツvsアルゼンチン戦はVTR録画して
早寝しちゃうマッコイです。ですが、その前に…これだけ!!

d0025070_22222892.jpg
本屋に行ったら、出てたよ…。
そう、あの、マッコイをして
「日本マンガはこれで止めを刺された」と言わさしめた
「さんさん録」第2巻発売です!!

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

このマンガのあらすじについては、
当ブログ3月15日を見ていただくとして

ついに、参平さんと仙川さんの
大人の恋に決着が…!!


…つきません(ぎゃふん)

ですがそれが、こうの史代クオリティ。よかよか(^v^)









何がすごいって、いろいろとあって言い尽くせないのですが
例えば第21話の「はこ入り娘」の回なんか、彼女の才能の閃光で眩しいほどです。
乃菜ちゃんの誕生日の話なんですが、
「いったいどんな娘に成長するだろうなあ」と参平さんが感傷に浸りつつ
プレゼントの包装の仕方を、いつもの豆知識でちまちまと紹介していって…
次の大ゴマには、参平さんが想像した乃菜の高校生姿が!!
幼い面影を残しつつ、大人に成長した彼女の立ち姿の鮮烈さ。その作画と構成たるや見事です。
すがすがしい意表のつかれ方に、読者はページをめくる手を止め、
思わず感慨を覚え、時の流れの不思議さと切なさに浸るのです。

なかなか上手く説明できなくて、もどかしいのですが、
かようにコマの隅々まで計算された巧みな技法には、
読者の心中に何かしらの「カチッとはまる音」を響かせます。

だがそれでもあとがきには、さらなる作者の決意表明が。

「この『さんさん録』は、今まで商業誌で発表した中で、やっぱりいちばん自信のない作品です。この十年、悔いなく終わることばかりを考えて描いてきたわたしでしたが、こんなもんで終われないなあ、と思いました。初めて思いました」

え、ちょっと、ファンに対してこんなキラーパスのようなマンガ、
ガチで出版しといて、「こんなもんで終われない」だとぅ。
この人のクリエイティビリティは底なしなのか…  ((((;゚Д゚)))
d0025070_2392858.jpg


d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-30 22:49 | Comic

オシムファンとして思うこと

すまん。ネガる。
読んで気を悪くした方、先に謝っておきます。空気読めない奴です。ホントゴメンナサイ。

オシムスキーの自分としては、やっぱ「オシム・ジャパン」というフレーズには、とてもワクワクする。
彼の発する言葉の魅力に惹かれてサッカー観戦を始めたようなもんだから。

彼独特の、稚拙な質問をばっさり切り捨て、ウィットとユーモアを散りばめた記者会見なら
この国のスポーツジャーナリストだかデマゴーグだかよくわかんない人たちも
少しは緊張して、勉強して、成長するかな、とも思う。

しかし、どうにも今回は、JFAのやり方がな…
幼稚な言い方しちゃうけど、ちょっと卑怯だよ。

去年の11月5日の国立競技場、晩秋にしては熱すぎる日のPK戦。
ナビスコ杯決勝で彼の努力の結実を、そしてジェフとの強すぎる絆を見届けた自分は、
ドイツから発信された宇都宮徹壱さんの意見に、とりあえず全面賛成。

■「世紀の大失言」に思うこと(@日々是世界杯)

当の本人も相当迷っているみたいですね。

サッカー代表監督、結論出ず=オシム氏と千葉が会談〔W杯〕

まあ、全ては御大の心のままに。
もう65歳だもん。自分の好きなようにやったって、誰も文句言う筋合いはないよね。
それはそうと、家にあった「オシムの言葉~フィールドの向こうに人生が見える~」
はどこに行っちゃったんだろ?(><)
久々に読み返してみたいんだけど、こんだけ探しても見つからない。
ウチの本部屋はまるで腐海だ。あうう…。

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-29 23:20

まんがで読む!平成17年版防衛白書

幕僚長「世間には、何やら、“萌え”ブームというのがあるそうだね。」
広報官「は、はぁ…」
幕僚長「貴官、ぜひ、そういう広報誌が作れないかね?」
広報官「しかし我々には、そのような予算も人脈も…」
幕僚長「(むすっとして)私は“作れないか?”と言ったんだ!!」ヽ(`Д´)ノ
広報官「はっ、了解したであります!」 (*゚ロ゚)ゞ


d0025070_1125327.jpg…というような微笑ましいやりとりが透けてきそうな、
防衛庁協力・防衛弘済会発行のパンフレット。
平成17年版防衛白書のポイントを、
好奇心たっぷりのでこちゃん
平和を愛するクマのデコポソ
優しく解説してくれます。
どーでもいいが、表紙のでこちゃん、
脚の配置が変だぞ。
こ、股関節脱臼か???Σ(゚д゚lll)








単なる平和好きの夢想家には、意外に血の気の多いでこちゃんが、
こんなカンジの理論武装でやっつけちゃうぞ♪
d0025070_1132485.jpg

ま、こんなカワイイ子にそう言われちゃったらなあ、グウの音も出ねえや。
「新防衛大綱」認めざるをえないよなあ…。ビバ国際貢献だ!

って、そんなわけ、あるかーい!!(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻・・・

定価350円で購入できる萌えミリタリーものの決定版!
しかもフルカラー!(おおっ!!)
ああ!この羅針盤の狂い加減がたまらないっ!
皆さんもぜひ話の種にいかがでしょうか?
マッコイは…一度読んでもう…十分です…げふっ(戦死)

(^v^)ノ

防衛マンガとして ☆☆
萌えマンガとして ☆☆

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-27 01:23 | Comic

バルトの楽園

本日参加予定だったベルマーレ・クラブハウス問題の署名活動は中止になって、
なんか日曜日の予定がぽっかり空いてしまったマッコイです。
朝起きてから、深夜なのでVTRに録画していたアルゼンチン×メキシコ戦をボーッと鑑賞。
延長戦突入・・・って、えええ(@v@)、
M・ロドリゲスのEL GOLAZOOOOOOOOOO!!!!!!

マラドーナもおおよろこび(笑)

d0025070_23504090.jpgばっちり目が覚めたので、
午後は品川で映画を見てくることにした。
「バルトの楽園(がくえん)」です。
わが国の誇る暴れん坊将軍の松平健と、
「ヒトラー/最期の12日間」で鬼気迫る名演だった
ブルーノ・ガンツの競演ということで、
前々からチェックしておいたのですな。




リード文はこんな感じ

第一次世界大戦中、徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で日本で初めてベートーベン作曲の『交響曲第九番 歓喜の歌』が演奏されたという実話を基に、ドイツ人捕虜たちと収容所員や地元民たちとの心の交流を描いた感動ドラマ。

さてさて、こういう捕虜収容所ものというのも、
実は戦争映画では立派な1ジャンルとして成立しており、
有名どころでは「戦場にかける橋」ですとか「第十七捕虜収容所」とかがアリマス。
ああ、そういえば「大脱走」もそうだね。それでこの映画ですが・・・
四国独特の、どことなくあったかいフンイキが、そうさせるのか、
まあまあのヒューマンドラマテイストでした。というか、マツケン祭りだ!(゜∀゜)

<それでは、マッコイ的ポイント>
○波がざばーんっと、東映のおなじみのオープニング。そして世界地図へ。
 何か緊迫感のねえナレーションだなあ、と思ったら、林家正蔵でした。いろんな意味でスゲエ。
○青島陥落シーン。砲弾降り注ぐ塹壕内で降伏するかどうか苦悩する青島総督役のB・ガンツ。
 いやいちばんえらい総督はこんな前線で戦闘指揮なんかしてないから・・・。
○戦闘シーンはここだけだが、なぜドイツの海軍兵士が陸戦しているのか、
 っていうのは、ナレーションか字幕で触れた方がいいかもね。
 今後の収容所内もずっとその衣装で通すわけだし。違和感を覚える人もいた。
○出た!坂東英二!! 噂どおりの怪演だが、
 これが逆に前座となって、次に来るマツケンの演技を引き立てている。
 そうか、彼の役割は、被害標的艦か・・・
○出た!泉谷しげる!!噂どおりの怪演だが(以下略)
○そして所長の松江大佐役のマツケン、登場。自転車に乗って収容所へ。
 人柄を示す演技ぶりで、序盤からくすぐる、くすぐる。じいさんばあさん、クスクス。
○そうか、バルトって、バルト海のことじゃなくて、松江所長のチャームポイントの
 ドイツ語の「ヒゲ」って意味か。マツケン所長のヒゲ演技、くすぐるくすぐる。
○そしてそんな年配の方向けにダメ押しでサービスシーン。捕虜脱走。
 軍馬でかっかっかっ・・・と駆けつけるマツケン所長。大音声で「どうしたあ!!」
 おお!暴れん坊将軍だあ!!その何の必然性も無い乗馬シーンに、爆笑をこらえるマッコイ。
○脱走して負傷した独兵士を治療する百姓老女役の市原悦子登場。
 イッキにエツコ・ワールドに引き込む。ここでも爆笑をこらえるマッコイ。うぷぷ。
○ヒロイン少女の志を、登場。青島で戦死した独兵士(元は横浜の商人)の遺児役。
 彼の最期を語る戦友「お父さんは最期まで戦うのを拒んでいた・・・」って、
 だったら何で1914年段階で志願してんだYO!!ヽ(`Д´)ノ
○マツケン所長、晩酌シーン。協賛にキリンビールが入っているからといって・・・
 そう、あからさまにロゴをカメラに向けて置くのはどうかと(苦笑)。
○何か長えなあ。上映時間132分かよ。トイレに行き始める人、ちらほら。
 椅子の上でマッコイも何回も足を組み直す。
○おっ、副官の高木役の國村隼、ドイツ語うまいなあ。Aプラス。だれ気味の映画を引き締め直す。
○だけどマツケン所長に何かと反発する伊藤役の阿部寛の演技はDマイナス。
 その負の感情がよくわからない。
○その点、息子を青島戦で失った馬丁宇松役の平田満はうまかった。
 ドイツ降伏後に「よかったなあ、お前の死が、お国の役に立ったんや・・・」と仏壇の前で
 号泣するシーンは、唯一この映画でちょっとウルッときた。
○マツケン所長、会津時代の幼少回想シーン。虐殺する新政府軍。強制移住される敗残の会津士族。
 しつこいまでに長々とやります。もう、これでもかと。会津人の怨念恐るべし(((( ;゜Д゜)))
 彼らが昭和20年に「薩長の政府が負けたぞ!」と言って喜んだのは、有名な話。
○わかる人にはわかる「ユーハイム」設立の秘話なんかも盛り込んでいる。
 これはストーリーにうまく組み込まれていて上手いツクリ。高評価。
○そしてクライマックスの第9交響曲「歓喜の歌」の演奏シーンへ。
 日本人はやっぱこの曲を聞くと感動するDNAが組みこんであるらしく、
 まあ、何だかんだいってもマッコイも背筋がゾクゾクするわけで・・・

生意気な言い方すれば、まあ、年配の方向けのヒューマンストーリーで、無難にまとめたなあ。って感じです。
マッコイの隣の席の老夫婦はそれなりに満足して
「こういう映画もっと作れば、中国とか韓国とか、見直してくれるのにねえ♪」と帰って行きました。
でもマッコイ的には、これは2時間半くらいのTVドラマスペシャルで十分な内容だと思います。
数億円かけて俘虜収容所のセット作ってまで、金かける必要は・・・
(このセット、映画公開終了後はテーマパークになるらしい。俘虜収容所のテーマパークって・・・orz)

え? ブルーノ・ガンツはどうだったかって??
マツケン・オーラに消されてたよ見事に。もう、クロアチア戦の中村俊輔のごとく・・・(笑)

【マッコイ式戦争映画採点表】
ストーリー(5.0) テーマ希少価値(6.0) 役者演技(5.5)
史実再現(6.0) 高揚感(5.0) 男泣きレベル(4.5)
戦争やりたくなくなる度(5.0) 兵器マニアック度(4.5) 総合評価(5.0)

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-26 00:02 | Sinema

我らの王様に暖かいご支援を

ベルマーレのファンとして、見過ごせない事態がある。
いや、クラブハウス問題はもちろんのこととして、だ・・・

まずはこの人気投票結果を見てくれ。

Jリーグで1番高齢の、そして唯一の裸キャラである
うちんとこのマスコット「キングベルⅠ世」(通称;ベルじい)が
下位に低迷しているのです。最下位の気配、濃厚なのである。

名前も決まってない岩男(もんてでぃお)よりも・・・
ヨダレたらした蜜柑(えひめ)よりも・・・
目つきの悪いハゲワシ(う''ぇるでぃ)よりも・・・
ダリみたいな口ひげのグリーンドラゴン(ほーりぃほっく)よりも・・・
温泉でのぼせた赤ら顔(ざすぱ)よりも・・・
肩ロースが美味そうなウシくん(う''ぃっせる)よりも・・・
トシちゃん25歳のような菱型の口したピンク鳥(さがん)よりも
かわいい顔してババンバン♪実はヒールキャラのイヌワシ(べがるた)よりも

・・・かわいいだろう、彼はっ!!∑( ̄皿 ̄;;
お前ら動物と違って、こちとら、海の王様なんだぞ。
神だぞ、神!・・・裸だけどな。
まあとにかく、こりゃまずい、ということで、急遽、「ベルじい写真館」を作ってみました。
枯れたおじいさんに癒されたら、ぜひみなさんもメンバー登録して投票を!!(^v^)

==============================================

d0025070_1472236.jpg
 さあ、今日も仕事じゃ仕事じゃ♪









d0025070_1475571.jpg
 わしゃあ子供の人気者♪









d0025070_1482296.jpg
 泣いてる子はいねがぁ君も平塚でわしと握手!!









d0025070_149862.jpg
 ハーフタイムもがんばるぞい!









d0025070_1494568.jpg
 でも疲れたから銛だけ貸して引っ込んじゃおっと。









d0025070_1503891.jpg
 もうすぐ試合終了じゃな。もうひとがんばり!









d0025070_151585.jpg
 あーあー・・・









d0025070_1514083.jpg
 ま た 負 け て し も う た か 










(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-25 01:52

大御所にリンクを貼ってもらいました

最近、マッコイのアナザーブログ、FFリプレイの
『君が英雄になれる本』のhit数がいやに伸びているのです。
mixiさん絡みかなと思って調べてみたら・・・Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

大御所サイトがリンクを貼ってくれていた。

あああ、ありがたいんですけど・・・オススメだなんてそんな・・・
そんな大したものじゃなく、気軽に始めた妄想文章の固まりですんで
どうかこれからも期待しないでください。W杯で更新も滞っていますのでr( ̄_ ̄;)

でも、うれしいなあ。にへら。(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-24 22:38 | Gamebook

ただいまハーフタイムです。

ふわああ・・・
早起きしてみております。

うおっ!!玉田&巻だってえーー!!

ブラジル 1-1 日本

がんばりぇー!!

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-23 05:00

おひさしぶりの更新

1週間ぶりです。
仕事して、そのあと平塚でクラブハウスのビラを配って、帰ってきたらW杯でしょ。
正直言って、日記つける時間がなかとですタイ(><)
日曜のクロアチア戦も、なんやらかんやらで後半しか見れなかったもんなあ。

って、気づいたら、明日の夜はブラジル戦じゃないですか。
そういえば、屈折した感じのイタイ同僚がいてさあ・・・

「サッカーの盛り上がりもあっさり終わっちゃいましたねー
 なんだか弱くて、日本のサッカーもだめになっちゃいましたね。
 街にいっぱい残ってる代表グッズとか、どうなっちゃうんだろ。
 僕、そっちが気になっちゃいますよ。在庫、どうするんでしょうね」

とか言ってんのよ。もう全て終わったと思ってんのよ。
数字の結果だけで「弱い」と言って、 日本代表の結果で、
日本のサッカーの「全て」を評価してんのよ。
いや、あのね、あんたイタイから・・・。(><)

マッコイがここ3年間くらいサッカーを見て、
そしてその前は20年くらい野球観戦を見続けていて、
1つだけわかった真理があります。
それは「最後まで何が起こるかわからない」ということ。
レフェリーが試合終了の笛を吹くまで、ね。

わっかんないよー? ブラジルに2点差つけて勝つかもしれないよ~?
何が起こるかわからないのが、スポーツなんだから。それは人生と同じ。
すべて「想定の範囲内」ですませて、知ったかぶりをするのは、人生を知らないお子様のやること。
だからさあ、知ったかぶりで結果論の自虐的な屈折批評は、
とりあえずマッコイは、しないことにしています。もういい年こいたオトナだもーん(^v^)

・・・ ・・・ ・・・

まあ、それはともかく、ウクライナ国歌の旋律がすげえ勇壮でカックイイことに気づきました。
決勝トーナメントに進んだら、みなさんも、ぜひチェックを!!

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-22 01:33

あらためて日豪戦

W杯に茂庭出場という、「ドーハの悲劇」「クアラルンプールの歓喜」「マイアミの奇跡」に並ぶ
「カイザーシュラウテルンの衝撃」を味わったマッコイです。
まあその驚嘆の気持ちも薄れ、あらためてDVDに録画しといた日本vsオーストラリア戦を、見直す。

・・・ ・・・ ・・・ 。

非国民とか言われるかもしれないけど・・・まあ、日本の中村の先制点は、誤審だよなあ。
あの高原のキーパーチャージがOKだったら、サッカーは別のスポーツになっちゃうよ。(笑)
でね、ああ、なるほどお・・・
例えば、マッコイが日本人でなく、どっかよその惑星から来た宇宙人だとして、だ。
いきなりドイツにビーム着陸して、サッカーのルールも知らないままに、この一戦を見学したとしよう。
だったら、どっちのチームを応援するかというと、サッカルーズ(オーストラリア)の方だと思う。

「あんな判定に納得いくかー!おはんら漢なら、根性見せて刺しちがえさらせえー!」

後半30分過ぎてもなお、もう、バカの一つ覚えのように、
縦ポンでセンターFWのビドゥカ、ビドゥカ、ビドゥカ・・・。
武骨な男たちの突撃。ペナルティエリア内であいつら仁王立ちだあ。まさにブレイブハート。
小手先だけでかわし続けたおぼっちゃまの日本は、ついに同点に追いつかれ・・・。
その後はもう・・・蹂躙されまくり・・・

豪「祭りじゃあ祭りじゃあ、カーヒル祭りじゃああああ!」
日「あわわわわ((((;゚Д゚)))」

正直、どっちが誇り高い“サムライ”だったかというと、オーストラリアだと思う。
パスサッカーだのプレスディフェンスだのわかんねーし、
どーせ俺ら不器用なんだから、こうなりゃ死ぬまで走って体格差でぶっちぎれぇ!
という単純明快なサッカー馬鹿によるサッカー(これ、ほめ言葉よ)
もうちょっとカッコよく言うならば、だ。
「俺らにはこの武器しかない、だから、これで戦うしかない」という壮絶な覚悟。
ああそうだ、松本零士の戦場ロマンシリーズにあったな。こういう日本狙撃兵の話が。

【パイロットの敷井大尉】
「世界には、もっといいピストルがある。狙撃銃にしても、小銃にしても、もっといいものがある。
 あんたにそれを持たせてやりたいと思ってね・・・」
【名も無き狙撃兵】
「今さらそんなことを言うな!いろんな良い銃があっても俺には関係がないんだ。
 この38式と14年式が、俺にとっては最高の銃だ。世界一だと信じているんだ・・・
 意地でも信じているから、ここで、ひとりで、戦争してるんだ。
 もし、あんたらが外国の、もっといい銃や、いい戦車について知ってたんなら・・・
 何でそんなのを相手に戦争をおっぱじめたんだ!?
 今頃“こんなもん”と言われても手遅れだ!!
 いいか、これは、この世界でいちばん良い銃だ!いちばん優れた小銃なんだ!!
 俺にはこれしかないんだ!だから、これがいちばんいいんだ!!」


ちょっと相手をほめすぎ?
でもブツブツ日本代表にネガリ続けるより、建設的かと。
このチームから見習うところはたくさんある。すごく刺激になった。
だからオーストラリアがアジアに移って、新しいライバルになることを喜びたい。
「熱い闘争心は小手先の技術に打ち克つ」ってことを思い知らせてくれるんだから。
この国に勝つのは大変だけど、いつか勝てたときは、スゴクうれしいんだろうなあ。

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-14 00:03

○ 豪州 3-1 日本 ×

ゴメン俺的には、逆転負け云々よりも、

モ ニ が 出 場 で き た こ と の 方 が ビ ッ グ ニ ュ ー ス だ 

すげえなー茂庭。大秦野高校出身のとっぽい兄ちゃんが、ドイツかあ・・・(遠い目)
そのどこまでも続く強運(凶運?)、だいじにするんだよお。

あっもうチェコ戦始まってる。ネドベド見なきゃ・・・

(^v^)ノ

d0025070_0481478.jpg

[PR]
by mccoy1234 | 2006-06-13 02:00